映画レビュー

【映画レビュー】『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』

投稿日:2016年7月18日 更新日:


 ところで、人喰いドーナツがパトカーを無免許運転する1映画をご存知だろうか?おそらく世界で唯一のそんな映画。それがこの『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』である。

 タイトルから分かるように、この映画はジョン・デ・ベロ監督による傑作トマト・アクション映画『アタック・オブ・ザ・キラートマト』に想を得た作品だ。1978年の「キラートマト」と決定的に違うのは、ちゃんとドーナツが動き回り、飛び跳ね、感情豊かに人々を襲うという点。40年近い歳月、科学の進歩がついにドーナツを(CGで)自在に動かすことができるようになったという感慨と、40年経ってもやってることが変わらないという一抹の虚しさのようなものが頭をよぎるが、それはそれとしてトマトよりドーナツの方が弾力があるから飛び跳ねやすいよなあ、という気もする。

 監督は傑作サメ映画『アイス・ジョーズ』2(2014年)を手掛けたスコット・ホイーラー。ストーリーはB級映画定番の展開で、主人公ジョニー(ジャスティン・レイ)とヒロインのミシェル(カイラ・コンプトン)が働くロサンゼルスのドーナツ店(この店のチープな感じがもう最高!あとくさそう)にジョニーの叔父であるキチガイ科学者がやってきて「生物を凶暴にしてしまう薬」をうっかりフライヤーの中に入れてしまう。こうして、キラードーナツが登場するわけだが、ドーナツそのものよりも脇役たちの強烈なキャラクターのほうが印象深い。一日中ドーナツ屋にいすわるおっさんとかテイクアウトしたドーナツを全裸(誇張)で食べるおばちゃんとか。あと全く空気読めないジョニーの友達ハワード(ベン・ヘイマン)。こいつ何のためにいるのか前半だと全くわからないと思うけど、後半大活躍するのでお楽しみに。このあたり、本家「キラートマト」へのオマージュととれなくもない(向こうのほうが100倍くらいイカれてるけど)。ジョニー、ミシェル、ハワードの漫才的なやり取りがテンポよくて楽しい。そして極めつけはやっぱり「パトカーを運転するドーナツたち」!まさかのカーチェイス!スピード遅いけど!

 『アタック・オブ・ザ・キラートマト』ほどの突き抜けた感じはないものの3、冒頭に掲げた「パトカーを乗っ取って暴走するドーナツ」のようなキチガイじみた描写にはオリジナリティを感じるし、トマトと違ってフレーバーが様々に変えられるドーナツには無限の可能性がある(気がする)。続編が3作4も作られた(どうかしてるよ…)「キラートマト」のようにこれからの活躍に期待したい。

基本情報

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ  Attack of the Killer Donuts85 min

監督:スコット・ホイーラー

音楽:ジョエル・ソメイラン

撮影:ハワード・ウェクスラー

出演:カイラ・コンプトン/クリスティーン・ヌエン/ジャスティン・レイ/アリソン・イングランド/C・トーマス・ハウエル/マイケル・スワン/ベン・ヘイマン

関連商品

NOTES

  1. 明白に無免許だという描写はないが、おそらく無免許だと思う。少なくとも免許不携帯であることは確かだ。
  2. 雪山とサメを組み合わせた画期的なやつ。安心のアルバトロス。結構ちゃんと面白いですよ(個人の感想です)。
  3. というより「キラートマト」がキチガイを煮詰めて蒸留したような内容なのが問題。対トマトロボットとかクソの役にも立たないエージェント軍団とか。
  4. 『リターン・オブ・ザ・キラートマト』『キラートマト 決戦は金曜日』『キラートマト 赤いトマトソースの伝説』の3作品。イカれてやがるぜ!

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【レビュー】「ワタクシノモノガタリ」カナダフォーカス⑤【TAAF2015】

 「TAAF2015」、2日目の3月20日(金)は「カナダフォーカス⑤ワタクシノモノガタリ」。カナダ国立映画制作庁による短編アニメーションの特集です。テーマは「個人史」ということで、絵画でいうところの …

【映画レビュー】東京アニメアワードフェスティバル2018「短編コンペティションスロット③」:認知症アニメ『メモ』が素晴らしい!【TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018、「短編コンペティション部門スロット③」で上映された作品の簡単なレビューです。認知症を扱った『メモ』、描かれたキャラクターが活き活きと動き出すイィシャン・ワン監督の『私の修正』あたりが良かったです。

映画『パディントン2』は可愛いだけじゃない。【ネタバレなしレビュー&考察】

ポール・キング監督の大人気クマ映画の続編『パディントン2』の(あまり)ネタバレなしレビュー&考察です。今回もくさそうでした。前作に引き続き、移民と反移民の狭間をユーモラスなタッチで描いています。楽しい映画なのですが、若干気になるところがあり、今回はそれについても触れています。

【映画レビュー】『イグジスツ 遭遇』:ブライアンのカメラマン魂に惚れる!そこそこいい感じのファウンド・フッテージ【カリコレ2015】

ちゃんとビッグフットが大暴れするモンスターパニック映画  人里離れたビッグ・シキット国立保護区の山小屋にバカンスにやってきたマット(ブライアン・サミュエル・デイヴィス)たち5人のリア充(一人除く)。山 …

【映画レビュー】映画『コングレス未来学会議』:追憶と幻覚の果てに。【TAAF2015】

スタニスワフ・レムの奇妙な世界  一言で言ってしまえば、これはとても変な映画だ。  アニメーション映画という喧伝だけれども、ファーストショットは大写しになったロビン・ライト役のロビン・ライトのどこか泣 …

search