映画レビュー

【映画レビュー】『ZOOMBIE ズーンビ』:あっ!キリンも象もゾンビになった!!

投稿日:2016年7月18日 更新日:


 なんとなく定着した感のある「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション」。3回目となる2016年ですが、今年も恒例のアサイラム作品!大画面でアサイラムの作品を観られるのは、ここかシネマ・ヴィノチェント、あと阿佐ヶ谷ロフトあたり?

 さて、今年のアサイラム最新作は『ZOOMBIE ズーンビ』。ZOO(動物園)とZOMBIEを組み合わせた安定のダジャレタイトルである。しかし発音しづらい。内容はタイトルそのままで、動物園の動物がゾンビになったぞさあ大変!という非常にわかりやすいものとなっているが、たしかに動物園がまるごとゾンビになる映画というのは新鮮だ。単体だと『ゾンビーバー』(2014年、ジョーダン・ルービン監督)1とかがあるのだけど、あの動物もこの動物も全部つっこめという精神は尊重していきたい。

 舞台となる動物園の設定自体は『ジュラシックパーク』シリーズを髣髴とさせるところがあり、要するにエリアごとに区切られた巨大な閉鎖空間となっている。正式オープン前なので客は無し(予算もないしね)。少ない職員とインターンで訪れた学生たちが閉じ込められる。ところで、動物が襲ってくる映画といえばダレル・ジェームズ・ルート監督による『デス・サファリ サバンナの悪夢』(2007年)などが思い出されるが、それらと決定的に違うのは、ゾンビ化した「草食動物」が襲ってくるという点。この映画のゾンビウイルスは人間以外のあらゆる動物に伝染するのだ!というわけで、普段はおとなしい動物たちが容赦なく襲ってくる。特に良かったのが、木の上に逃れた学生たちを襲うキリン!カバが人を襲う映像は見たことあるけど、キリンが樹上の人を捕まえて、集団で身体を引きちぎる画が衝撃的すぎて、これだけで元は取った感じがする。あと、象は強いから(?)感染しないという謎設定があったのだけど、後半普通にみんなと一緒に爆走してましたよね…。別にいいけど。象のあたりは安定のアサイラムクオリティのCGでふわふわした感じが楽しい。ちなみに、一番笑ったシーンは「いつのまにか」ライオンの群れに囲まれてるところだったりする。あと、ポスターにはクマが映ってるけど、本編には一切出てこないので注意!

基本情報

ZOOMBIE ズーンビ  Zoombies89 min

監督:グレン・R・ミラー

音楽:クリストファー・カノ

脚本:スコッティ・ミューレン

撮影:ブライアン・コス

出演:アイオン・バルター/アンドリュー・アスパー/マーカス・アンダーソン/キム・ニールセン/ララ・ネスター

公式サイトhttp://www.albatros-film.com/movie/zoombie/

NOTES

  1. どうでもいいけどこの映画も主題歌含めて超面白いので是非。

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『スタング』:でかいハチが襲ってくる映画だけど肝心のハチがハチっぽくないぞ!

あのキチガイ映画『武器人間』を生み出したXYZ Filmsによる巨大ハチ襲撃映画『スタング』のレビューです。いい意味で頭のおかしい映画で大満足!「未体験ゾーンの映画たち2016」にて!

師弟共闘バトルが熱苦しい!『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄』【ネタバレなしレビュー&考察】

原作ファンなんで義務的に観に行ったら大当たり!単なるファンムービーに留まらない面白さ。シリーズに通底するテーマがしっかりと語られていて、さらにBONESらしい高密度アクション作画炸裂!原作読んでなくてもなんとなく楽しめる(はず)。おすすめです!

2018年マイベスト映画10(新作/映画祭/各賞)

毎年恒例、昨年鑑賞した映画のベスト10です。今回はロードショー上映の新作ベスト10、映画祭/特集上映のベスト10に加えて「主演俳優賞」「主演ねこちゃん賞」等計13部門のベストにしてみました。

【レビュー】「ワタクシノモノガタリ」カナダフォーカス⑤【TAAF2015】

 「TAAF2015」、2日目の3月20日(金)は「カナダフォーカス⑤ワタクシノモノガタリ」。カナダ国立映画制作庁による短編アニメーションの特集です。テーマは「個人史」ということで、絵画でいうところの …

【映画レビュー】『貞子vs伽椰子』:にじみでる白石イズム

白石晃士監督による映画『貞子vs伽椰子』のネタバレ無しレビューです。『リング』・『呪怨』の設定を引き継ぎつつも、白石イズムあふれる傑作Jホラーです。これまでの「コワすぎ」シリーズなどと比べると笑い抑えめ怖さマシマシですが、最後はやっぱり衝撃的!

search