買ったもの

HAYAKAWA FACTORYのソラリスTシャツ、普段使いできて便利っぽい

投稿日:


はじめに

 SFでお馴染みの早川書房さんが「HAYAKAWA FACTORY」なるブランドを立ち上げたので早速買ってみました。

「HAYAKAWA FACTORY」とは

https://www.hayakawabooks.com/n/n4da9727bf99c

 2018年7月に発足した早川書房の商品化ブランド。第一弾は名作SFをテーマにしたTシャツ9点。

  1. レイ・ブラッドベリ『華氏451度』(白)
  2. レイ・ブラッドベリ『華氏451度』(黒)
  3. レイ・ブラッドベリ『火星年代記』(白)
  4. 『宇宙英雄ペリー・ローダン』シリーズ(タイトルロゴ)
  5. 『宇宙英雄ペリー・ローダン』シリーズ(イラスト)
  6. スタニスワフ・レム『ソラリス』(ネイビー)
  7. ジョージ・オーウェル『一九八四年』(黒)
  8. ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』(黒)

 どれも作品のテイストがにじみ出ていていい感じです。作品の表紙を着ているかのような雰囲気。価格は全て3,500円(税抜)。公式でも書かれてますけど、サイズは大きめのアメリカンサイズなんで普通の人はSサイズでちょうどいいと思います。

 リアル店舗だと売ってるところが少ないんですが(三省堂の池袋本店とか全国で11店舗(2018年8月5日現在)、楽天とかでも買えます(自分は楽天で購入)。三省堂書店楽天市場店とかで。

今回買ったのはこちらの2着

早川SF Tシャツ 華氏451度
早川SF Tシャツ『華氏451度』ロゴ

 レイ・ブラッドベリの『華氏451度』。本が禁じられたディストピアの物語。このロゴ、めちゃくちゃイケてますね。分かる人にはすぐわかる。ちょっと町中で着るのはインパクトあるデザインですけどー。是非、図書館とかに着ていきたい。本当は黒が欲しかったんですけど、やっぱり人気だったみたいで速攻で売り切れてました。



早川SF Tシャツ『ソラリス』
早川SF Tシャツ『ソラリス』ロゴ

 アンドレイ・タルコフスキーの眠くなる映画でおなじみ、スタニスワフ・レムの代表作『ソラリスの陽のもとに』がテーマ。新訳版はタイトル『ソラリス』なんですね。これはフォントがおしゃれですよねー。硬質なレムの原作の雰囲気が汲み取られている感じ。ソラリスとステーションをあしらった球も上手いですよねー。そしてなにより普通に着ていきやすいデザイン!とりあえずもう着てみましたけど、全然主張していないのがGOOD!

まとめ

 というわけで、『華氏451』と『ソラリス』のTシャツを早速買ってみました。大好きな『一九八四年』と『ニューロマンサー』あたりも追加で買っていきたいです。「HAYAKAWA FACTORY」の今後のラインナップにも期待!個人的に出てほしいのはアイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズとかコニー・ウィリスの「航時史学生」シリーズとか、最近のだったらピーター・トライアスの『メカサムライ・エンパイア』あたりも売れそう。出たら買います!

関連コンテンツとスポンサードリンク

-買ったもの

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鳥羽水族館でダイオウグソクムシのぬいぐるみを買ってきた

SF大会で伊勢志摩に行ってきたので鳥羽水族館でダイオウグソクムシのぬいぐるみを買ってきました。でかい!やすい!かわいい!の三拍子そろったすごいやつ。この大きさで3,780円。おみやげにオススメ!

20年ぶりに腕時計を買ってみてわかったこと【TID Watch】

ストックホルムからやってきたむっちゃかわいい腕時計(TID Watch)を買ったのでレビュー兼これまでの腕時計無し人生を振り返る記事です。

MOMA Design Storeの「2017年スペシャル福袋」の中身はこんなんでした!

MOMA Design Storeの「2017年スペシャル福袋」(限定10個)の中身を公開します!定価32,400円!UMAのサウンドランタンが最高!