映画レビュー

【映画レビュー】『イレブン・ミニッツ』:大人のピタゴラスイッチ!

投稿日:2016年9月11日 更新日:


 「音」が印象的な映画である。5時の教会の鐘から物語が始まり、車両盗難の警報音、救急車のサイレン、高度を下げる飛行機、窓から飛び込んだ鳩が鏡を割る音。分断され、細切れになった11分間の物語を、これらの音が繋ぎ止める。そして、映画全体を覆い尽くす低く唸る不協和音。

 映画は、その最初から何かが起きそうな不穏な空気に満ちている。ホテルの一室、各部屋の電話線を抜いて回る映画監督の男(リチャード・ドーマー)。女優として、彼の元を訪れる婚約したばかりの女(パウリナ・ハプコ)、彼女を追うが部屋に入れない夫(ボイチェフ・メツファルドフスキ)。ホテルそばの広場では、おそらく生徒に手を出したか何かで出所したばかりのホットドッグ屋の男(アンジェイ・ヒラ)がシスターたちを相手にホットドッグを売りさばいている。そこからほど近い、街の別の場所では何かに気付いた若い男(ウカシュ・シコラ)が質屋に押し入ろうとしている。

 彼らの他にもホットドッグ屋の息子のバイク便の男(ダビド・オグロドニク)や、ホテルで密会する男女(ピョートル・グロバツキ/アガタ・ブゼク)らが登場するが、とにもかくにも11分しかないとは思えないほどの濃密なドラマが展開される。人から人、場所から場所へとザッピングしていくので、今がどこなのかいつなのか、わかりにくくなるような気もするのだけれど、前述したように「音」がそれらを示す目印となっている。

 全体の輪郭と着地が次第にわかってくる形の映画だが、オチについてはおそらく予想を裏切られるだろう。「空に浮かんだシミのようなもの」が登場した時点で、「あー、こういうオチでしょ。」と高をくくってしまうと、まんまと騙されてしまう。スコリモフスキは曰くありげな要素を散りばめているが、結局のところ、それらは全てミスリードだったというオチにまず驚かされる。例えば、意図してかどうかはわからないが、轟音を響かせながらビルをかすめてゆく飛行機、最後に巻き上がる噴煙、そして『11分』というタイトルは、どうしても「9.11」の悲劇を思い出してしまうが、それ自体がミスリードさせる仕掛けでもある。

 そして、そのミスリードさせる要素も含めて、最後の「ピタゴラスイッチ」的な仕掛けを動かすためだったということに気付く。この最後の数分間のためにあったそれまでの80分弱の物語とそこに張り巡らされた緻密な伏線。登場人物たちの運命的な邂逅を思うとき、冒頭と末尾に置かれた監視カメラの映像は、あたかも監督自身が神であるかのように感じる。

基本情報

イレブン・ミニッツ  11 minutes81 min

監督:イエジー・スコリモフスキ

音楽:パベウ・ミキェティン

脚本:イエジー・スコリモフスキ

撮影:ミコワイ・ウェプコスキ

出演:リチャード・ドーマー/ボイチェフ・メツファルドフスキ/パウリナ・ハプコ/アンジェイ・ヒラ/ダビド・オグロドニク/アガタ・ブゼク/ピョートル・グロバツキ/アンナ・マリア・ブチェク/ヤン・ノビツキ/ウカシュ・シコラ/イフィ・ウデ/マテウシュ・コシチュキェビチ/グラジナ・ブウェンツカ=コルスカ/ヤヌシュ・ハビョル

公式サイトhttp://mermaidfilms.co.jp/11minutes/

公式Twitterhttps://twitter.com/elevenminutes16

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『イグジスツ 遭遇』:ブライアンのカメラマン魂に惚れる!そこそこいい感じのファウンド・フッテージ【カリコレ2015】

ちゃんとビッグフットが大暴れするモンスターパニック映画  人里離れたビッグ・シキット国立保護区の山小屋にバカンスにやってきたマット(ブライアン・サミュエル・デイヴィス)たち5人のリア充(一人除く)。山 …

【映画レビュー】『トータスの旅』:木村さんが全裸で歌う!【ネタバレなし】

永山正史監督の映画『トータスの旅』のレビューです。亡き妻をめぐる死の香り漂う旅の物語であり、家族の再生へとつながる通過儀礼としてのロードムービー。主演の木村知貴さんの演技(特に後半20分の怒涛の展開!)が素晴らしい。

【映画レビュー】『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪』:38歳無職童貞ストーカーおじさんがんばれ!

38歳無職童貞ストーカーおじさんが美少女のためにミミズを食らう!  この映画を一言で言うなら、まさにこの節のタイトルそのものといってもいいかもしれない。38歳無職童貞の櫻井(水澤紳吾)は山を徘徊中に謎 …

【映画レビュー】『七日』:ミニマリズムの極地から見えるもの

『そして泥船はゆく』の渡辺兄弟+方又玹による、男と祖母の一週間の生活を淡々と描いた映画『七日』のレビューです。色やセリフを一切削ぎ落とした力強い映画。(東京国際映画祭2015にて)

『キコリキ:デジャヴ』:このウサギ、マジでイラつくぜぇ!【映画レビュー@TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)の長編コンペティション部門出品、デニス・チェルノフ監督『キコリキ:デジャヴュ』のレビューです。自分には合わなかったけど、作品の幅が広いのは良いと思いました。後で一次選考委員(津堅信之さん、堀川憲司さん、叶精二さん(モデレーター))による解説の覚書を追加予定。

search