映画レビュー

死者の国なのにファンキーだぜ!『リメンバー・ミー』が楽しい!【2018年3月に観た映画感想レビューまとめ/全15本】

投稿日:2018年3月31日 更新日:


はじめに

 今年も東京アニメアワードフェスティバル2018のコンペ作品をコンプ!疲れたけど得るものは多かったなー。長編コンペのレベルが下がったような気もしたけども…。代わりに全然新作観てないけど…。

本の方のログ

 おひるねラジーズ
早瀬耕の『プラネタリウムの外側』はメタSFロジカル恋愛小説という謎ジャンル!【2...
ライフログです。2018年3月に読了した本の感想を適当に書きます。宮内悠介『超動く家にて』、麻生鴨『伴走者』、早瀬耕『プラネタリウムの外側』ほか。

今月のおすすめ!


1

リメンバー・ミー  Coco105 min

予告編(ポップアップします)
監督:リー・アンクリッチ
音楽:マイケル・ジアッキノ
脚本:エイドリアン・モリーナ/マシュー・オルドリッチ


出演:アンソニー・ゴンサレス/ガエル・ガルシア・ベルナル/ベンジャミン・ブラット/アランナ・ウバック/レニー・ビクター/ジェイミー・カミル/アナ・オフェリア・ムルギア/ナタリア・コルドバ=バックリー/ソフィア・エスピノーサ
 めちゃくちゃ評判良かったのでこちらも期待値をガンガン上げて臨んだのだけど、それをあっさり乗り越えてきた!普通に大傑作でしたね。まず、みんな言ってるけど死者の国のビジュアルが圧倒的。メキシコの「死者の日」が祝祭的雰囲気だというのは『007 スペクター』とかホドロフスキーの『エンドレス・ポエトリー』で知ってはいたんですが、本作のそれはアニメーションということもあって、ひたすらに鮮やか。日本のお盆のイメージしかない人間なので、死者の国に入る前の墓地での場面もかなりの異文化的衝撃を受けたんですが、死者の国の垂直的な広がりと南国的な色彩の暴力は未知の領域でただただ新鮮。住んでる連中も基本的にはのんきで陽気だし、日本のジメッとした地獄/天国とは全く違いますね。ベースになっているのが明るいと、こうまで違うのか!という驚きがあります。で、予告編見た時点ではビジュアルと音楽で押してくる映画だと思ったんですよ。そしたら、脚本も抜群にいいんです!特に中盤にある逆転劇には見事に騙されました。ミスリードと伏線の使い方が実に上手い。実は死者の国からは簡単に帰れるんだけど、簡単には帰るわけにはいかないという主人公の強い動機が物語の原動力であり、「家族という絆と呪い」というテーマにつながっているのも良かったですね。家族というものが大切なものであると同時に個人を縛る呪いになってしまっているということを描いたという点では家族制度のモダンな解釈であり、現在進行系で変わりつつあるものを描いているという点で時代性の高い作品になっていると思います。

観た映画一覧(時系列順)

2

シェイプ・オブ・ウォーター  The Shape of Water124 min

予告編(ポップアップします)
監督:ギレルモ・デル・トロ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
脚本:ギレルモ・デル・トロ/バネッサ・テイラー
撮影:ダン・ローストセン

出演:サリー・ホーキンス/マイケル・シャノン/リチャード・ジェンキンス/ダグ・ジョーンズ/マイケル・スタールバーグ/オクタビア・スペンサー/デビッド・ヒューレット/ニック・サーシー/ナイジェル・ベネット/ローレン・リー・スミス/マーティン・ローチ/モーガン・ケリー
 「怪物」がどう見ても実写版ツェッドさん!動きがめちゃ可愛い!でもすごく不安にもなる(案の定…)!デル・トロ監督、マイベストは『パンズ・ラビリンス』だったんですけど、この映画も甲乙つけがたいですね…。冷戦下のアメリカの雰囲気、特にあの研究所の重厚な感じが実に良かった。美術全般的に最高。幾つもの伏線が結実するラストにも驚かされましたね。しかし、主人公たる怪物とイライザ(サリー・ホーキンス)に感情移入するのは当然だと思うんですが、マイケル・シャノン演ずるストリックランドも魅力的なキャラクターでした。買ったばかりのキャデラックがボロボロになるころで思わず涙…。全体的に重苦しくシリアスな展開にも関わらず、ちょくちょく挿入されるネタも面白かった。クソマズパイのくだりとかトイレで手を先に洗うか後で洗うかのとことか(後で洗えや!)。ところで、公開前にちょっと話題になってた「ぼかし問題」、確かに腰の動き激しかったけど、数秒やで…。物語にはそれほど影響しない(しかし、この場面が後半のイライザと「怪物」の抱擁のシーンと対比的に描かれていることは指摘しておいてもいいだろう)、ので思ったよりも気にならなかった…んだけど、あの美しい画の中に唐突にぼかしが現れるのには違和感は拭えない。あと猫さんなー…。おいジジイ!居眠りしてんじゃねーよ!
3

映画ドラえもん のび太の宝島  109 min

予告編(ポップアップします)
監督:今井一暁
音楽:服部隆之
脚本:川村元気


出演:水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/高橋茂雄/長澤まさみ/大泉洋/山下大輝/折笠富美子/大友龍三郎/早見沙織/悠木碧
 ちょっとこれ……、脚本と設定、ガバガバじゃないすか…。なんで23世紀末に地球滅亡してんの??まあ滅亡するのはいいんだけど、なんでわざわざ恒星間移民船が必要なの??22世紀の科学力で普通に恒星間移動できますよね、旅行感覚で。それこそどこでもドアで。まあこの部分も23世紀に科学力が衰えたんだろう、と好意的に解釈(でもタイムマシンあるんだよな…)しても、なぜ海賊団がわざわざ21世紀にやってきて地球のエネルギーを横取りしようとするのか全くわからん。多分、時間線が分岐するから問題ないんだと思うんだけど、いや、それにしてもな…。そもそもなんで海賊団なのかが全くわからんし、財宝を集めていたのが最高に意味不明。美術品を集めてたのならまだわかるけど…。移民先に金銀財宝持っていってどうするんだ?海賊団が地球以外の星からやってきた、というならまだわかるんだけど、しっかりくっきり「地球大好き!」とか言っちゃってるし…。その点、「アニマル惑星」とか「ブリキのの迷宮」とか「宇宙小戦争」とかは上手くやってたよね…。川村さんとかいう人、過去のドラえもん全く観てないのかな…。せっかく星野源さんが主題歌歌ってるのに…。この主題歌がまたいい歌で、個人的気には『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』でPerfumeが歌う「未来のミュージアム」に匹敵する名曲。作画もとてもハイクオリティ、特に空き地で出来杉君が宝島の話を始めて、のび太が家に帰るまでの一連のシークエンスが非常に良かった。テーマもちょっと時代がかってるけど、「大人は絶対に間違えないの?」のあたりとか良かったんですけどね…。脚本入れ替えて作り直して欲しいレベル。
4

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE  90 min

予告編(ポップアップします)
監督:五十嵐卓哉
音楽:岩崎琢
脚本:榎戸洋司


出演:上村祐翔/宮野真守/小野賢章/谷山紀章/諸星すみれ/細谷佳正/神谷浩史/豊永利行/花倉洸幸/嶋村侑/小見川千明/小山力也/宮本充/雨宮天/諏訪部順一/福山潤/石田彰/中井和哉
 芥川さん(の羅生門)が溶鉱炉の中に沈んでいくシーンで涙…。いや、マジでそういうシーンがあるんだって!敦くんと芥川さんの共闘も映画ならでは(2期の最後で一緒に戦ってるけど!あれよりもくだけてる感じ!尊い!)という感じでよかったし、芥川さんが気持ち悪くなかった。福沢社長と森先生もね~すごくいいシーンがあるんですよ…。尊い。自分の異能力が分離して襲ってくるというめちゃくちゃチートな能力で横浜中の異能力者が襲われるんですが、元から暗殺者の鏡花ちゃんがすごく頼れる感じになっていて良い。見せ場も多い。でも一番活躍したのはたぶん中也。あの能力、強すぎでは…。例によって太宰さんとのチームワーク(チームじゃないのに!)が気持ち悪いレベル。テーマ的には自分の一部である忌まわしき部分(異能力)をどう肯定し、生きていくか、という自分好みなやつで最高!その点で、敦くん/鏡花ちゃん/芥川さんという対照的ながら似通った登場人物をチームにして描いたのは正解だったと思う。国木田さんとか自分の異能力に負い目とか全然無さそうだしね。まあそのせいで全く見せ場のないキャラも結構いたんだけど(特にポートマフィア側)、このへんはトレートドオフですね。しゃーない。あ、あと太宰さんの「にゃ~ん」が聞けたので良かった(小並感)。
5

ハブ・ア・ナイス・デイ  好极了[Have A Nice Day]117 min

予告編(ポップアップします)
監督:刘健
音楽:The Shanghai Restoration Project
脚本:刘健


出演:朱昌龙/曹恺/曹寇/薛峰/杨思明/马晓峰/王达成
手描きなんだけど、たまにFlashアニメみたいなぎこちない動きをする変なアニメ。でも背景美術とかがたまらなく良い。出てくるキャラクターも普通の庶民なんだけど、妙に強烈なキャラで面白い。
6

オッドソックイーター  Lichozrouti [The Oddsockeaters]83 min

予告編(ポップアップします)
監督:ガリナ・ミハイロワ
音楽:Mate Matisic/Filip Mísek
脚本:ガリナ・ミハイロワ/Pavel Srut


出演:Krystof Hádek/Jan Maxián/David Novotný/Ondrej Trojan/Marek Taclík/Tatiana Vilhelmová/Josef Somr
 靴下を片方だけ食べる妖怪だか妖精がシマを巡って抗争を繰り広げる話。イカれてるぜ!
7

キコリキ:デジャヴュ  Smeshariki. Dezha vyu[Kikoriki: Deja Vu]85 min

予告編(ポップアップします)
監督:デニス・チェルノフ

脚本:デニス・チェルノフ



 正直、何故これがコンペに食い込んだのかがわからない…。主人公のウサギと敵方のモグラがとにかくイラつくのはいいとして、そんなに映画祭向けの作品じゃないと思うんだけどなー。ただ、途中のドタバタは割と盛り上がる。
9

東京アニメアワードフェスティバル2018 短編コンペティション スロット1   min

予告編(ポップアップします)






 短編部門優秀賞の『キャサリン』も良かったけど、個人的にはパブロ・ポレドリ監督の一人制作作品『コーポレーション』が好み。予告編に置いてます。
 上映作品一覧は以下の通り

  1. 北川惠/長井勝見『あの日まで』
  2. ウィンシュルス・ワルゲンヴィッツ/デニス・ワルゲンヴィッツ『死神の父と息子』
  3. ☆ ジャナ・ベクマンベトワ『ちゅんちゅん』
  4. 浅野陽子『すみっこのこ』
  5. カーロン・ハーヂ『ザ・エビル』
  6. ブリット・ローズ『キャサリン』
  7. ☆ セルシー・ケア『燃え尽きる』
  8. フランク・ディオン『頭が消えていく』
  9. アーシェムボルト・マルヴァン/ブコウ・デサール/ヒュグ・マーク/クッケ・アルノード/マイン・ヒューゴ/オルソ・マンゾネッタ・ヴィンセント/ヤン・カイ『ピストン』
  10. ★ パブロ・ポレドリ『コーポレーション』
  11. ナディア・アンドラセブ『舐める音』

10

東京アニメアワードフェスティバル2018 短編コンペティション スロット2   min

予告編(ポップアップします)






 このスロットはとにかく短編グランプリを取った『ネガティブ・スペース』!早く映像ソフト出して欲しい!あとキューライス先生の『鴨が好き』もドッカンドッカンウケてた。
 上映作品一覧は以下の通り。

  1. ウリ・クラノット/ミシェル・クラノット『何も起こらない』
  2. アリ・アルー/マーチン・ハーメン/ジュルス・リゴレ/サミュエル・クルゲルツ『イチゴの香水』
  3. ★ マックス・ポーター/ルー・クワハラ『ネガティブ・スペース』
  4. フレデリック・トレンブリー『人形は泣かない』
  5. イェブゲニヤ・ジルコヴァ『龍の橇』
  6. エミリー・ジノ『暗い暗い森の中』
  7. ツェン・ユ・ツァイ『野菜とライムソース添えのローストチキン』
  8. ☆ キューライス『鴨が好き』
  9. ティンティン・リウ『初咲の花』
  10. シャーロット・ポンチン/タチアナ・ジュスケウィッツ/ベノワ・ルロ/フランク・メニゴ/ゾー・ネロ『ケイロ』
  11. ズィライ・フェン『アンフォの通り』

11

東京アニメアワードフェスティバル2018 短編コンペティション スロット3   min

予告編(ポップアップします)






 認知症を扱ったショートフィルム『メモ』が今回の短編コンペの中ではマイベスト!予告編に置いてます。
 上映作品一覧は以下の通り

  1. アデル・エルバッドラウィ『長い道のり』
  2. スレッシュ・エリヤット『籠』
  3. チンツェン・チュ『やっと ―ぎりぎりのところ―』
  4. ☆ チュアン・ユ・シン『あたしのこと聞こえてる?』
  5. 大谷たらふ『Serph Feather (overdrive version) 』
  6. イィシャン・ワン『私の修正』
  7. マオ・チャオ『靄の都市の秘密』
  8. ギヨーム・オーベルヴァル/レ・ドゥゾール/サイモン・ゴメ/ティモシー・ヘック/ヒューゴ・ァグロンジュ/アントニー・ラローイェ/デイビット・ラッシュカリ『けもの』
  9. ヴィニー・アン・ボセ『あなたのブラウンナンバーはいくつ?』
  10. ★ ジュリアン・ブクエール/エレーナ・デュプレソワール/ジュール・デュラン/ヴィヴィアン・グィマレ/イネ・シーバー『メモ』
  11. ロビン・ペリシエール/ジェローム・バッティステリ/マチルデ・カーティニー/ニコラス・エヴェン/マエナ・パイレ/ジュディス・ワーラー『本の向こう側』
  12. ☆ ニコラス・キャピテイン/セリーヌ・デステール/ルーカス・ダークハイム/レニ・マロ『オフ・シーズン』

12

台湾特集―台湾アニカップ特別上映会―  56 min








 一つの学校の中でも表現の幅が広いなー。特に良かったのは、幼児の空想力が爆発するオウ・イ・シュウ監督の「初めての幼稚園」。遊具がガチャコンと変形していくあたりが好き。上映作品一覧は以下の通り。

  1. ヨウ・シ・テイ『殺人犯』
  2. グ・ガ・テイ『チャオ・チャオ』
  3. ヒ・シ・ケン『死神訓練班』
  4. ゼン・カイ・クン『スイム・ユアウェイ』
  5. ★オウ・イ・シユウ『初めての幼稚園』
  6. チン・アン・キ『狂犬病』
  7. ハン・エイ『虎爺』
  8. キュウ・コク・イ『彼ら』
  9. チョウ・セ・カイ『試練』

13

我は神なり  사이비 [The Fake]101 min

予告編(ポップアップします)
監督:ヨン・サンホ
音楽:チャン・ヨンギュ
脚本:ヨン・サンホ


出演:ヤン・イクチュン/クォン・ヘヒョ/オ・ジョンセ/パク・ヒボン
 新文芸坐の「夜フェス」にて。ヨン・サンホ監督の長編第二作。とにかく、主人公の父親(というかこっちが主人公だよね…)がパワフルでクソで最高(最悪!!)!!ツバをカーーーーッペッ!って吐き出すファーストカットからもう最高!!これだけでこいつの性格が完全に把握できるのすごい笑 まあこのおっさんの顔が怖すぎるってのもあるんだけど。板垣恵介っぽいキャラデザ(親父のみ)。こいつが娘の入学金使い込むわ、礼拝所に殴り込みかけるわとやりたい放題で最高!他の登場人物の思惑とかどこ吹く風でまさに我が道を行くオラオラ系主人公ですね。何回か、「あ、ここで改心するんやな…」というポイントがあるんですが、ことごとく外してくるのがいっそ気持ちいい。自分のせいで娘が風俗堕ちして、奪還しに行く場面、ちょっとリーアム・ニーソンみを感じたんですが、全く反省していないのがすごい。物語の後半、自分たちが騙されてたことが判明した後、おっさんの旧友が「騙されてたかもしれないけど、天国に行けたこいつは幸せだったんだ」と語る、物語の根幹的なテーマに肉薄する場面があるんですけど、これから詐欺師の事務所にカチコミかけるおっさんが気になりすぎて、いい話が全く頭に入ってこない笑 社会派アニメなのにおっさんのキャラが濃すぎるんですよ。最後の方とか完全におっさん応援モードですからね。殺ったれーー!って叫びたくなる。『我は神なり』応援上映、絶対やってほしいな!結局、親父が帰ってこないで、みんな騙されてたほうが明らかに被害が少なかったというひどい話でした。あいつ来なければ死者0で済んだのになあ…。最後、おっさんが「俺は正しかったのに!!!」って叫ぶシーンで本編が終わるんですけど、脳内で「言い方あぁあああ!!」(白石監督の『ノロイ』のアレ)ってツッコミ入れざるを得なかったです。
14

ブラックパンサー  Black Panther134 min

予告編(ポップアップします)
監督:ライアン・クーグラー
音楽:ルドウィグ・ゴランソン
脚本:ライアン・クーグラー/ジョー・ロバート・コール
撮影:レイチェル・モリソン

出演:チャドウィック・ボーズマン/マイケル・B・ジョーダン/ルピタ・ニョンゴ/ダナイ・グリラ/マーティン・フリーマン/ダニエル・カルーヤ/レティーシャ・ライト/ウィンストン・デューク/アンジェラ・バセット/フォレスト・ウィテカー/アンディ・サーキス/フローレンス・カスンバ/ジョン・カニ/スターリング・K・ブラウン/アタンドワ・カニ/デンゼル・ウィテカー
 まー、あれですよね。悪いのは親父ですよね。ちゃんと一族郎党皆殺しにしなかったからこんなことに…。超科学力を持ったアフリカ奥地の謎の国ワカンダが、えらい魅力的で、これだけでご飯3杯分くらいの価値があります。ガジェットとかはトニー・スタークんちにもありそうなんで別に目新しくないんですが、部族社会の文化がいいんですよ。各部族の長が集まる会議の場面が何回かあるんですけど、みんな個性あって。個人的に良かったのは緑のスーツをパリッと着こなしたおじさん(名前がわからん)。現代アフリカっぽいよね。対照的に、バリバリのバーバリアンスタイルのエムバク(ウィンストン・デューク)も良かった。例によって最後助けに来るし。で、この国の王が決闘で決められるんだけど、この場面の儀式感もまた良くて…。どことなく、ミュージカルっぽいのね。でもプロトコル的には完全にいかれてて、キチガイでも王になれちゃうっていう。鉄人28号みたいだな。「強大な科学力(武力)をどう使うか」というテーマについては現代日本を連想するし、「武力があることが知れたら世界中から袋叩きになる」あたりはどうしてもイラクが頭をよぎる。最後の演説でティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が言う「賢者は橋を作り、愚者は壁を作る」は現代のアメリカではなかなか刺激的な発言のようにも思える。あとアーマード・サイが強い!
15

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア  The Killing of a Sacred Deer121 min

予告編(ポップアップします)
監督:ヨルゴス・ランティモス

脚本:ヨルゴス・ランティモス/エフティミス・フィリップ
撮影:ティミオス・バカタキス

出演:コリン・ファレル/ニコール・キッドマン/バリー・コーガン/ラフィー・キャシディ/サニー・スリッチ/アリシア・シルバーストーン/ビル・キャンプ
 むむむ…なんかこの雰囲気、観たことがあるぞ…。と思ったら『ロブスター』の監督なのか。あちらもなかなか理不尽な世界観でしたが、今作も負けず劣らず。むしろ、現代を舞台にしてしあわせ家族が惨劇に巻き込まれるので、より理不尽な感じがします。ニコール・キッドマン演ずる主人公の妻が「夫の不始末を私達が負う責任があるのかしら?」と問いかける場面があるんですが、そりゃそうだよね。そして「結局、あの病気?はなんだったのか」という点は最後まで説明されない。あのクソウザガキの正体も。観た人はモヤモヤしたものを抱えたまま劇場を後にすることになる(と思う)のだが、そういう意味では観客もまたこの不条理劇の中に取り込まれてしまっている。「45日以内に配偶者を見つけないと動物に変えられてしまう」という奇想天外な設定を大真面目にやりきった前作『ロブスター』と同じように、本作でもランティモス監督は突拍子もない呪いを「いかにもそれらしく」描き出すことに成功している。日常と非日常をゆっくりと揺れ動くかのようなティミオス・バカタキスのカメラワークが良い。正面から映した画がいつの間にか真上から見下ろす形になってるカットとか。物語の下敷きになっているのは近親者を生贄にする苦悩を描いたエウリピデスの『アウリスのイピゲネイア』なんだけど、その筋で行くとあのエピローグの後も悲惨なことになるような…。あと最後の猟銃構えてグルグルまわるのがあまりにも滑稽すぎてさすがに笑ってしまった。いや、もっとスマートな方法あったんじゃないですかね…。医者なんだから薬使うとか…。コリン・ファレルがやけっぱちになった表現としては良かったと思うけど。

まとめ

 『リメンバー・ミー』、年間ベストに入るかは微妙だけど、カラフルで立体的なビジュアルの素晴らしさはさすが世界のディズニーって感じですよね。テーマも良かったし。今年はTAAFのレビューも長編・短編ともにちゃんと書けたのでみんな読んで!

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


  1. […]  おひるねラジーズ『パディントン2』すでに年間ベスト入り確定!!【2018年1月に観た映画感想レビュ…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-01/ライフログ的なやつはじめました。2018年1月に観た映画(新作・映画祭・特別上映etc)の感想まとめです。今月のベストは『パディントン2』、そしてまさかの『中二病でも恋がしたい! Take on me!』でした。 おひるねラジーズ『さよならの朝に約束の花をかざろう』は今年必見のアニメ映画!【2018年2月に観た…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-02/2018年2月に観た映画の覚書です。新作4本しか観てない…。月間ベストは『さよならの朝に約束の花をかざろう』。 おひるねラジーズ死者の国なのにファンキーだぜ!『リメンバー・ミー』が楽しい!【2018年3月に観たhttps://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-03/2018年3月に観た映画の覚書です。今月は短編アニメばかり観てました…。東京アニメアワードフェスティバル(TAAF2018)のコンペティション部門(長編4本、短編スロット4プログラム)がメイン。新作は6本しか観てないです。月間ベストは、カラフルな死者の国のビジュア… おひるねラジーズ  1 user『リズと青い鳥』を観て!【2018年4月に観た映画感想レビューまとめ/全13本】https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-04/2018年4月に観た映画の覚書です。MVPは山田尚子監督の新作『リズと青い鳥』。スピルバーグ監督の『レディプレイヤー1』も順当に良かった。あと『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜 』も予想外に傑作でしたね。全13本(プログラム)。 おひるねラジーズ『ピーターラビット』VS『ランペイジ』VS『犬ヶ島』、三大もふもふ畜生叛逆映画を…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-05/2018年5月に観た映画の覚書です。かわいいウサギさんがダイナマイトで家を爆破するファミリー向けバイオレンス映画『ピーターラビット』が最高!!!!ウェス・アンダーソン監督の新作『犬ヶ島』ももちろんハイクオリティだし、かわいいゴリラが出てくる『ランペイジ… おひるねラジーズ『万引き家族』は必見だけどすっきりしない【2018年6月に観た映画感想レビューまと…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-06/2018年6月に観た映画の覚書です。是枝監督の『万引き家族』がとても良かったけど、正直人には勧めづらいかもー。『デッドプール2』も『パンとバスと二度目のハツコイ』も『ニンジャバットマン』もすごくいいんだけど、どれも勧めづらい…。とりあえず、『恋は雨上がり… おひるねラジーズ『カメラを止めるな!』は全人類必見!【2018年7月に観た映画感想レビューまとめ/…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-07/2018年7月に観た映画の覚書です。今月は限りなく本数が少なかったけど、とりあえず記録として付けときます。上田慎一郎監督の大ヒット作『カメラを止めるな!』をようやく観たんですが、いやー、傑作でした!超オススメ。 おひるねラジーズ『M:I フォールアウト』でトム・クルーズの走りに惚れる!【2018年8月に観た映画感…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-08/2018年8月に観た映画の覚書です。全然期待してなかった『ミッション:インポッシブル フォールアウト』がクッソ面白かった!!トムクルの走り!!最高!!賛否両論のジュブナイルSFアニメ『ペンギン・ハイウェイ』も自分は肯定派。ぜひ観てほしいです。 おひるねラジーズ『若おかみは小学生!』が超絶大傑作すぎる。【2018年9月に観た映画感想レビューま…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-09/2018年9月に観た映画の感想まとめです。今月のおすすめは女子小学生が旅館の女将に扮して殺された両親の仇を討つ『若おかみは小学生!』と年間ベスト入り確定の猫が可愛い恋愛ミステリー『寝ても覚めても』。 おひるねラジーズ予想外の面白さ!傑作ディストピアUMA映画『スモールフット』を観ようぜ!【2018年https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-10/2018年10月に観た映画の感想まとめです。まさかの作品『スモールフット』が今月の一押し!一見ただのファンタジーなんだけど、ディストピア映画の新たな名作がここに誕生! おひるねラジーズ『A GHOST STORY』で孤独に浸る。【2018年11月に観た映画感想レビューまとめ/全5本】https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-11/2018年11月に観た映画のまとめです。『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が年間ベスト級の素晴らしい作品でした。あとはハズレが2本含めて全5本…。 おひるねラジーズ『普通は走り出す』のグルーヴ感が最高ー!【2018年12月に観た映画感想レビューま…https://ohiladh.com/cinema-reviews-2018-12/2018年12月に観た映画の感想レビューまとめです。ネタバレなし。今月は渡辺紘文監督の新作『普通は走り出す』がおすすめしづらいけどおすすめ!監督独自の世界が存分に展開されていて、それでいてエンターテイメント!ビギナーにも安心!(?)あとは『シュガー・ラ… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『ペット』:デブ猫はいつもかわいい。

『ミニオンズ』のスタッフによる痛快動物活劇映画『ペット』の(あまり)ネタバレなしレビューです。動物たちの愉快な挙動に楽しむもよし、バディものとして楽しむもよし、そして『ズートピア』的な社会派的な見方もできる素敵な映画。あとけっこう狂ってる。

【映画レビュー】『七日』:ミニマリズムの極地から見えるもの

『そして泥船はゆく』の渡辺兄弟+方又玹による、男と祖母の一週間の生活を淡々と描いた映画『七日』のレビューです。色やセリフを一切削ぎ落とした力強い映画。(東京国際映画祭2015にて)

【映画レビュー】『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』:くたばれ資本主義!

 この映画は異なる文明のすれちがいを描いた映画だ。ムーミン一家が「楽しいバカンス」を送るだけの話ではない。  物語はムーミン谷に海賊たちが漂着するところから始まる。まあ、この海賊たちと海賊船はその後の …

【映画レビュー】『スパイダーマン:ホームカミング』:イキリスパイディVS中小企業のおっさん【あまりネタバレなし】

ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド主演の『スパイダーマン:ホームカミング』の(基本的には)ネタバレなしレビューです(最後の最後に結末についてのネタバレがあります!)。今回は最初からベンおじさんが死んでるから話が早いぞ!あと敵の空飛んでるやつがそこらの町工場のおっさんなのでとても良い。

【映画レビュー】『死神ターニャ』:ローテンション×ハイテンションな美味しいごはんをめぐる冒険

芹澤興人という素晴らしき俳優!  この映画は一言で言って「俳優・芹澤興人」を愛でる映画だ。前半(といってもほとんど導入部にすぎないけど)は巻き込まれ型の気弱なチンピラ、後半は妙にローテンションの死神を …

search