映画レビュー

【映画レビュー】『ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ』:輸血袋?こっちは「給油袋」だぜ!

投稿日:2016年2月22日 更新日:


 冒頭、手作りアーマーに身を包んだ男たちが登場する。「マッド・マックス」シリーズに露骨に影響を受けたと思しきその様相を見て、「ああ、マッド・マックスなのはここだけなのだな」とおそらく誰もが思うだろう。しかし、B級映画によくある流行りの映画をもじったタイトル「だけ」のダメ映画…だと思って観に行くとかなりの肩透かしを食う。もちろん、良い意味で。

 流星雨が降った夜、突如として人々がゾンビへと変貌する1。平穏な日々を送っていた自動車整備士のバリー(ジェイ・ギャラガー)は妻子とともに間一髪脱出し、連絡の取れなくなった妹・ブルック(ビアンカ・ブラットリー)のもとへと走る…と、ここまではよくある話。

 最大のポイントは隕石の影響によって(?)、あらゆる化石燃料が使えなくなってしまっているという点。じゃあ、どうやって車を動かすのかというと…なんとゾンビの血と息が可燃性になっているのだ!かくして、ゾンビを燃料とするあまりにも非人道的過ぎるマッドなカーチェイスが展開されるのであった。捕らえられたゾンビが息を採取するために口にマスクを嵌められ、手足を縛られている姿はまさに『マッド・マックス 怒りのデスロード』の給油袋(トム・ハーディ)そのもの!ちなみにゾンビが死ぬと燃料も切れるので、その都度補給(給ゾンビ)する必要がある。ゾンビから逃げるのではなく、逆に捕まえに行くゾンビ映画というのはなかなか珍しい。「クソ、燃料が切れた」「ゾンビを探さなきゃ!」「おーい!」のコンビネーションにはおもわずほっこり。ゾンビから逃げるためにゾンビを探さなければいけないというこの矛盾!オーストラリアの荒野がメインとなるので、なかなかゾンビに出くわさないというのもポイント高い2

 タイトルこそおふざけだが、実はかなり丁寧に作られた作品で、主人公が妻子と別れる際も目を逸らすこと無くしっかり描写するところに好感を覚える。娘を撃ち殺し、苦悩するジェイ・ギャラガーの演技もなかなか良い。政府機関の車両には火花を散らす装置が取り付けられていて、さりげなく電気駆動であることが示されていたりするし、非道な人体実験に興じる博士(バーイン・シュワート)が防護服着てディスコミュージックでノリノリなところは『オデッセイ』っぽさを感じる。この博士にゾンビの血を輸血させられたりしたブルックはゾンビの視覚と行動をある程度コントロールできるようになる能力を得るのだけど、彼女の脱出譚もゲームの『SIREN』を思い出す面白さ。ゾンビの血は可燃性、という伏線を活かした最後の政府軍との戦いも盛り上がる。おもしろ黒人枠でアボリジニのベニー(レオン・バーチル、うっかり生存者の頭をショットガンで吹き飛ばしちゃうドジっ子♪)というのもまたオーストラリア感があって良い。

 まあ、最後はおもいっきり投げっぱなしジャーマンなんだけど、いまさら気にするポイントでもないよな!

基本情報

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ  Wyrmwood: Road of the Dead98 min

監督:キア・ローチ=ターナー

脚本:キア・ローチ=ターナー/トリスタン・ローチ=ターナー

撮影:ティム・ネーグル

出演:ジェイ・ギャラガー/ビアンカ・ブラッドリー/レオン・バーチル/キース・アギウス/ルーク・マッケンジー/バーイン・シュワート

NOTES

  1. ピーター&マイケル・スピエリッグ監督の『アンデッド』(2003年)を思い出しますね。そういえばこちらもオーストラリア製。
  2. ハワード&ジェイ・フォード監督による『ゾンビ大陸アフリカン』を思い出す。

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『ペット』:デブ猫はいつもかわいい。

『ミニオンズ』のスタッフによる痛快動物活劇映画『ペット』の(あまり)ネタバレなしレビューです。動物たちの愉快な挙動に楽しむもよし、バディものとして楽しむもよし、そして『ズートピア』的な社会派的な見方もできる素敵な映画。あとけっこう狂ってる。

【映画レビュー】『メッセージ』:テッド・チャン×ヴィルヌーヴの描く新世代のSF【ネタバレなし】

テッド・チャン原作(「あなたの人生の物語」)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による映画『メッセージ』のレビューです。『複製された男』を思い出させる曇天の下で繰り広げられる異星人との対話、そして母娘の運命。ミステリアスで魅惑的な映像表現の美しさは必見です。

【映画レビュー】『ハイ・ライズ』:灰色の肌に包まれて

J・G・バラード原作、ベン・ウィートリー監督『ハイ・ライズ』のネタバレ無しレビューです。最先端テクノロジーを備えた夢の高層マンションが闇堕ちする!トム・ヒドルストン演ずるドクター・ラングがひどくセクシーで最高です。

パブロ・ポレドリ監督のシニカルな短編『コーポレーション』が良かった!多彩な表現の全11作品【東京アニメアワードフェスティバル2018/短編コンペティションスロット①/ネタバレなし感想レビュー&レポート】

東京アニメアワードフェスティバル2018、「短編コンペティション部門スロット①」で上映された作品の簡単なネタバレなし感想レビューと選考委員解説の覚書です。短編部門優秀賞の『キャサリン(Catherine)』(ブリット・ローズ監督)、豊島区長賞の『ちゅんちゅん(Tweet-Tweet)』(ジャナ・ベクマンベトワ監督)など全11作品。個人的に良かったのはパブロ・ポレドリ監督のミニマムデザイン&シニカルなテーマが光る『コーポレーション』。選考委員解説はエディ・メホングさんと白石慶子さん(モデレーターは叶精ニ先生)。

【映画レビュー】『きみの声をとどけたい』:ラジオと女子高生が紡ぐひと夏の奇跡【ネタバレなし】

「キミコエ・オーディション」から生まれた6人の新人声優がメインキャラクターを演じる、爽やか極まりない王道青春ストーリー!いろいろと惜しいところはあるけれど、とても愛おしい映画です。

search