映画レビュー

【映画レビュー】『ゾンビスクール!』:「ナゲットを ゲットだぜ!」

投稿日:2016年2月16日 更新日:


 子供のゾンビといえば思い出すのは『バタリアン2』1とか『ゾンビ・アルカトラズ』2の赤ちゃんゾンビなんだけど、この作品のゾンビは全て子供。「子供相手だからそんなにグロくないんでしょ?」と思いきや、全くそんなことはなく、食い散らかした死体の腸でなわとびするわ目玉でおはじきするわとやりたい放題。子供らしく激しく走り回る上に、泣き声で仲間を呼んだり、カンヌキを外したりする。迎えに来た保護者(もちろん喰われる)の前ではおとなしくしているという狡猾な一面も。

 そして、ある意味ゾンビたち以上にイカれてるのが癖のある教師たち。まあ冷静に考えれば、命の瀬戸際にあるとはいえ数時間前まで教え子だった子供たちを躊躇いもなくブチ殺せる時点でかなり普通じゃないんだけど、おかげさまで普通の映画にありがちな「この子たちを殺すなんて…できない!」みたいな葛藤がなくてとてもテンポが良くなっている。感染するのが子どもだけというのも面白くて、かつての同僚がゾンビになって襲ってくるという展開もなく、ひたすら子供たちをぶっころしていくのは爽快!焼き殺したりもするけれど、私は元気です。教師軍団の顔ぶれは以下の通り。主人公格の童貞っぽいホビット・クリント君(イライジャ・ウッド)、クリントの幼なじみで男の趣味が悪いルーシー(アリソン・ピル3)、ルーシーの彼氏で絵に描いたような脳筋野郎・体育教師のウェイド(レイン・ウィルソン4)、「SAW」シリーズ5の脚本でもおなじみ(そして本作の脚本もやってる)リー・ワネル演ずるマスコット的コミュ障理科教師・ダグ、ヒステリック社会科教師・レベッカ(ナシム・ペドラド)、ゲイの芸術教師・トレイシー(ジャック・マクブレイヤー)、謎の東洋人用務員・ハタチ(ピーター・クン)、そしてヤク中の警備員・リック(ホルヘ・ガルシア)。民族や思想信条が異なる彼らが、団結して子供ゾンビたちに立ち向かう姿はあたかも多民族国家アメリカを体現しているかのようだ(てきとう)。

 それにしてもこの映画、B級映画らしからぬ小ネタと小粋なセリフのオンパレード。初っ端から、メインワルガキである9.11生まれのパトリオットくん(ピーター・ロス)のセリフが「18才になったら海兵隊に入って○○○○○○をぶっ殺してやるんだ」で爆笑。最初は嫌なやつに見えたウェイドが「オレはこの仕事が…みんなが大好きだ!」と感極まって語った後に件の理科教師が「非白人の娼婦とファックしたい人生だった」みたいなことを言う、そのタイミングの素晴らしさ。極めつけは「ナゲットを ゲットだぜ!」。ホビットいじりのセリフがあるのも嬉しい(ほんの少しだけど)。

 テンポの良さとコメディとしての質は近年最も面白かったと評判の6『ロンドンゾンビ紀行』7に匹敵する面白さ。終盤には『ロンドンゾンビ紀行』を思い出すようなシーンもあり8とても盛り上がる。

 なお、本作で一番グロいのは冒頭のチキンナゲットを作るシーン(解体から出荷まで)である。注意!

基本情報

ゾンビスクール!  Cooties88 min

監督:ジョナサン・ミロ/カリー・マーニオン

音楽:Pepijn Caudron(Kreng)

脚本:リー・ワネル/イアン・ブレナン

撮影:ライル・ビンセント

出演:イライジャ・ウッド/レイン・ウィルソン/アリソン・ピル/ジャック・マクブレイヤー/リー・ワネル/ナシム・ペドラド/イアン・ブレナン/ホルヘ・ガルシア/ピーター・クン/ピーター・ロス/アルマーニ・ジャクソン/モーガン・リリー

公式サイトhttp://www.zombieschool.jp/

公式Twitterhttps://twitter.com/presidio00

関連商品

 ファーストフード×ゾンビといえばコレ。カウフマン御大の傑作の一つ。後半のカオス感が最高です!

 童貞っぽいやつが主人公の学園ゾンビもの。普通。

NOTES

  1. ケン・ウィーダーホーン監督。1987年、アメリカ。マイケル・ジャクソンモデルが出るやつですね。痛快ハッピーエンド。
  2. ニック・ライオン監督。2012年、アメリカ。アルカトラズというタイトルのわりには早々に刑務所を脱出しちゃう映画。原題は"Rise of the Zonbies"なので、アルカトラズは関係ないのだった。ゾンビが海を越えてくる貴重なシーンも有り。
  3. 最近だと『ミッドナイト・イン・パリ』(ウディ・アレン監督。2011年、アメリカ。)のフィッツジェラルドの奥さんのゼルダ役とか『スノーピアサー』(ポン・ジュノ監督。2013年、韓国・アメリカ・フランス。)の先生役とか。
  4. 『スーパー!』(ジェームズ・ガン監督。2010年、アメリカ。)のクリムゾンボルトでおなじみ!
  5. まあこう言っちゃ何だけど1が一番面白かったな…。
  6. 個人の感想です
  7. (マティアス・ハーネー監督。2012年、イギリス。)老人が大活躍する大傑作ゾンビ映画。雑な邦題かとおもいきやちゃんと二階建てのロンドンバスで市内を巡る展開がある。
  8. 同じオチというのもすごく良い

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『A GHOST STORY』で孤独に浸る。【2018年11月に観た映画感想レビューまとめ/全5本】

2018年11月に観た映画のまとめです。『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が年間ベスト級の素晴らしい作品でした。あとはハズレが2本含めて全5本…。

パブロ・ポレドリ監督のシニカルな短編『コーポレーション』が良かった!多彩な表現の全11作品【東京アニメアワードフェスティバル2018/短編コンペティションスロット①/ネタバレなし感想レビュー&レポート】

東京アニメアワードフェスティバル2018、「短編コンペティション部門スロット①」で上映された作品の簡単なネタバレなし感想レビューと選考委員解説の覚書です。短編部門優秀賞の『キャサリン(Catherine)』(ブリット・ローズ監督)、豊島区長賞の『ちゅんちゅん(Tweet-Tweet)』(ジャナ・ベクマンベトワ監督)など全11作品。個人的に良かったのはパブロ・ポレドリ監督のミニマムデザイン&シニカルなテーマが光る『コーポレーション』。選考委員解説はエディ・メホングさんと白石慶子さん(モデレーターは叶精ニ先生)。

映画『カメラを止めるな!』を最高に楽しめるのはたぶん今だけだ。【ネタバレなしレビュー&考察】

全く予想外に大ヒットかました映画『カメラを止めるな!』のネタバレなしレビュー&考察です。映画館で知らない人たちと観るという体験の素晴らしさを再確認させてくれる、映画愛に満ちた映画です。必見。

【映画レビュー】『ペット』:デブ猫はいつもかわいい。

『ミニオンズ』のスタッフによる痛快動物活劇映画『ペット』の(あまり)ネタバレなしレビューです。動物たちの愉快な挙動に楽しむもよし、バディものとして楽しむもよし、そして『ズートピア』的な社会派的な見方もできる素敵な映画。あとけっこう狂ってる。

マイベスト映画ランキング50!【2016年】

2016年の新作映画ベスト記事です。今年はベスト50!

search