映画レビュー

【映画レビュー】『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

投稿日:2014年5月4日 更新日:


 一言で言ってしまえば、「社会不適合者でアル中のオヤジが周囲のいい年した大人を巻き込みながらただひたすらにビールを飲む話」なのだけれど、そこはエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビ。『ショーン・オブ・ザ・デッド』もかくやという恐ろしいテンポで話が進み、アバンタイトルの回想シーンが終わるやいなや特に小難しい理由を付けるでもなく、あっという間にかつての仲間を集め(注:20年後です)、故郷に凱旋してしまう。

 そしてそこから始まる怒涛のパブクロール!学生時代に制覇できなかった「一晩で12軒のパブを回って計12パイント飲む」。ただそれだけなのだけれど、1パイントって約0.5リットル(473ミリリットル)なので、よく考えれると恐ろしいことではある。さて、予告編でもわかるように、パブ巡りを続ける中でゲイリー(サイモン・ペッグ)たちは、町の異変に気付き、謎の侵略者との戦いを繰り広げていく。…のだけれど、この映画が本当に恐ろしいのはここからで、普通に考えれば①町から脱出する ②建物に避難して敵を迎え撃つ の2通りの選択肢があると思うのだけれど、なんと彼らはパブ巡りを続けるのである!もちろん、もろもろの理由によって途中離脱してしまう者もいるのだけれど、ゲイリーだけは最後までパブ巡りにこだわり続ける…。

 思うに、この映画における「パブクロール」とはゲイリーにとっての一種の通過儀礼なのだ。物語の後半でゲイリーはアンディ(ニック・フロスト)たちに、自らの心情を吐露する。「お前らは金も地位も家庭もある。でも俺は自由だ!」と。自由は子どもの特権である。そして同時に、この儀式は彼にとってアイデンティティを確認する場でもある。「俺は空っぽだ。俺にはこれ(パブクロール)しかないんだ」。だから、ゲイリー・「キング」となった彼は最後に水を求める。子どものような無邪気な笑顔を浮かべながら。

基本情報

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!  The World's End108 min

監督:エドガー・ライト

音楽:スティーブン・プライス

脚本:エドガー・ライト/サイモン・ペッグ

撮影:ビル・ポープ

出演:サイモン・ペッグ/ニック・フロスト/パディ・コンシダイン/マーティン・フリーマン/エディ・マーサン/ロザムンド・パイク/ピアース・ブロスナン/デビッド・ブラッドリー/ビル・ナイ

関連商品

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

冬のニューヨークを舞台にクソミュージシャンが右往左往する映画『インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌』のレビューです。コーエン兄弟は本作でカンヌ審査員特別グランプリを受賞。F・マーレイをはじめとした名優たちの演技が素晴らしく、特に主演のオスカー・アイザックのダメ男役はハマり役。

【映画レビュー】『インド・オブ・ザ・デッド』:インドにゾンビがやってきた!

とてもよく出来たゾンビコメディ  実際のところ、『ザ・デッド・インディア』という映画あるので、この映画はインドを舞台にした「最初の」ゾンビ映画ではないのだけれど、それにしてもよく出来ている。『ザ・デッ …

【映画レビュー】『シーズンズ 2万年の地球旅行』:地球の仲間たちのためにコンコルド広場をぶっ潰そう!

ジャック・ペラン&ジャック・クルーゾ監督によるドキュメンタリーっぽいお説教映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』のレビューです。映像はとてもいいのにだんだんと説教くさいことを言い出す面白映画です☆

【映画レビュー】『貞子vs伽椰子』:にじみでる白石イズム

白石晃士監督による映画『貞子vs伽椰子』のネタバレ無しレビューです。『リング』・『呪怨』の設定を引き継ぎつつも、白石イズムあふれる傑作Jホラーです。これまでの「コワすぎ」シリーズなどと比べると笑い抑えめ怖さマシマシですが、最後はやっぱり衝撃的!

【映画レビュー】『コーヒーをめぐる冒険』

ドイツの新鋭、ヤン・オーレ・ゲルスターによる初監督作品『珈琲をめぐる冒険』(Oh Boy)のレビューです。白黒で描かれるベルリンの街。モラトリアムで厭世的な現代的シティボーイズ、ニコ(トム・シリング)がコーヒーを求めて奔走する。

search