映画レビュー

【映画レビュー】『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

投稿日:2014年5月4日 更新日:


 一言で言ってしまえば、「社会不適合者でアル中のオヤジが周囲のいい年した大人を巻き込みながらただひたすらにビールを飲む話」なのだけれど、そこはエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビ。『ショーン・オブ・ザ・デッド』もかくやという恐ろしいテンポで話が進み、アバンタイトルの回想シーンが終わるやいなや特に小難しい理由を付けるでもなく、あっという間にかつての仲間を集め(注:20年後です)、故郷に凱旋してしまう。

 そしてそこから始まる怒涛のパブクロール!学生時代に制覇できなかった「一晩で12軒のパブを回って計12パイント飲む」。ただそれだけなのだけれど、1パイントって約0.5リットル(473ミリリットル)なので、よく考えれると恐ろしいことではある。さて、予告編でもわかるように、パブ巡りを続ける中でゲイリー(サイモン・ペッグ)たちは、町の異変に気付き、謎の侵略者との戦いを繰り広げていく。…のだけれど、この映画が本当に恐ろしいのはここからで、普通に考えれば①町から脱出する ②建物に避難して敵を迎え撃つ の2通りの選択肢があると思うのだけれど、なんと彼らはパブ巡りを続けるのである!もちろん、もろもろの理由によって途中離脱してしまう者もいるのだけれど、ゲイリーだけは最後までパブ巡りにこだわり続ける…。

 思うに、この映画における「パブクロール」とはゲイリーにとっての一種の通過儀礼なのだ。物語の後半でゲイリーはアンディ(ニック・フロスト)たちに、自らの心情を吐露する。「お前らは金も地位も家庭もある。でも俺は自由だ!」と。自由は子どもの特権である。そして同時に、この儀式は彼にとってアイデンティティを確認する場でもある。「俺は空っぽだ。俺にはこれ(パブクロール)しかないんだ」。だから、ゲイリー・「キング」となった彼は最後に水を求める。子どものような無邪気な笑顔を浮かべながら。

基本情報

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!  The World's End108 min

監督:エドガー・ライト

音楽:スティーブン・プライス

脚本:エドガー・ライト/サイモン・ペッグ

撮影:ビル・ポープ

出演:サイモン・ペッグ/ニック・フロスト/パディ・コンシダイン/マーティン・フリーマン/エディ・マーサン/ロザムンド・パイク/ピアース・ブロスナン/デビッド・ブラッドリー/ビル・ナイ

関連商品

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01恐怖降臨!コックリさん』:工藤D大活躍でシリーズ再起動!

ぼくらの工藤Dが帰ってきた!  金属バットを持った工藤Dが好きだ。「鬼に金棒」ではないが、「工藤にバット」という組み合わせにはなんとも言えない安心感がある。AD市川に、田代カメラマンに、防衛庁幹部に、 …

【レビュー】「ワタクシノモノガタリ」カナダフォーカス⑤【TAAF2015】

 「TAAF2015」、2日目の3月20日(金)は「カナダフォーカス⑤ワタクシノモノガタリ」。カナダ国立映画制作庁による短編アニメーションの特集です。テーマは「個人史」ということで、絵画でいうところの …

師弟共闘バトルが熱苦しい!『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄』【ネタバレなしレビュー&考察】

原作ファンなんで義務的に観に行ったら大当たり!単なるファンムービーに留まらない面白さ。シリーズに通底するテーマがしっかりと語られていて、さらにBONESらしい高密度アクション作画炸裂!原作読んでなくてもなんとなく楽しめる(はず)。おすすめです!

【映画レビュー】『神々のたそがれ [神様はつらい]』

アレクセイ・ゲルマン監督の遺作『神々のたそがれ[神様はつらい]』(Трудно быть богом)のレビューです。クソ長い超傑作です。疲れる。2014年5月のシアター・イメージフォーラムにて初見。ロードショーは2015年3月21日から。主演:レオニド・ヤルモルニク ほか。

【映画レビュー&レポート】東京アニメアワードフェスティバル2018「短編コンペティションスロット②」(+選考委員解説覚書):『Negative Space』が眼福すぎてつらい…。【TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018、「短編コンペティション部門スロット②」で上映された作品の簡単なレビューと選考委員解説の覚書です。短編部門グランプリの『ネガティブ・スペース(Negative Space)』(マックス・ポーター/ルー・クワハラ監督)がもう素晴らしすぎて…。選考委員解説は加藤タカさん、白石慶子さん、叶精二さん(モデレーター)。

search