映画レビュー

『オン・ハピネス・ロード』:市井の人々によって紡がれる台湾現代史【映画レビュー@TAAF2018】

投稿日:2018年4月5日 更新日:


 

 長編コンペティション4作品の中では圧倒的にクオリティが高かったのでグランプリも納得!
 独創性に限って言えば、他の3本に軍配が上がるんですが、完成度は今作が群を抜いています。ただ、去年まではこのレベルの作品が4本競っていたイメージがあるので、「今年はどうしたんや?」という感じもあり(もちろん、他の3作も良作ではあるのですが!)。

 台湾版『おもひでぽろぽろ』という前評判の通り、中年に差し掛かって様々な問題を抱える主人公が帰郷を契機として自らの過去を振り返り、前に進み出すというストーリー。「おもひで~」のタエ子がただ漠然とした不安感を抱えているのに対して、本作の主人公であるチーはより切実な悩みを抱えていて、それが台湾という国の歴史とゆるやかにつながっているのが特徴的。幼少期からの半生を辿る中で、例えば自由化を求める学生運動であるとか、禁書に手を出した従兄弟が公権力によって弾圧されるエピソードなどが、違和感なく挿入されていく。たぶん自分のような日本の鑑賞者にとっては新鮮な面もあり、普遍的な要素を感じ取れるだろうし、台湾の人々は自分たちの人生と結びつけて考えるのだろうと思う。この、ミクロな個人の人生とマクロな国の歴史というものが有機的に絡み合ってストーリーが成り立っているのがこの作品の大きな魅力の一つだ。

 

 ところで、個人的には『おもひでぽろぽろ』よりも『ちびまる子ちゃん』を連想したり。幼少期は特に。お父さんのデザインとか完全にヒロシだし。このキャラデザすきだなー。登場人物みんな魅力的なんだけど、物語のキーとなるおばあちゃんも良かった。子供の頃の空想の場面などにはアニメーションらしい表現が効果的に使われてて、パンチの弱い湯浅政明監督のような雰囲気が楽しい(連想したのはもちろん、『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』)。

 そういえば面白かったのが、ちょくちょく日本への目配せがあったこと。『キャンディキャンディ』とか『科学忍者隊ガッチャマン』とか。特にガッチャマンは扱いが大きかったです(北京語(?)で主題歌を歌う!)。これは日本でも是非ロードショーで上映してほしいですね。これまでのグランプリ作品はどれも1年遅れくらいで公開となっているので、たぶん2019年の公開だろうと思います。期待!

基本情報

オン・ハピネス・ロード  幸福路上 On Happiness Road111 min

監督:サン・シンイン

音楽:Tzu-Chieh Wen

脚本:サン・シンイン

出演:Lun-Mei Kwei/Te-Sheng Wei/Bor Jeng Chen/Hui-Jen Liao

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『未来のミライ』の描く虚無。この映画、好きくない!【ネタバレなし感想レビュー&考察】

細田守監督の映画『未来のミライ』のあまりネタバレなしレビューです。映像はいいんだけど、脚本がなあ…。何の脈絡もなくショタがケツに犬のしっぽぶっこんだりする、今年一番のキマってる映画。

【映画レビュー】『メッセージ』:テッド・チャン×ヴィルヌーヴの描く新世代のSF【ネタバレなし】

テッド・チャン原作(「あなたの人生の物語」)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による映画『メッセージ』のレビューです。『複製された男』を思い出させる曇天の下で繰り広げられる異星人との対話、そして母娘の運命。ミステリアスで魅惑的な映像表現の美しさは必見です。

映画祭で観たこの映画が面白かったよベスト10ランキング!【2016年】

2016年に映画祭で観た映画のベスト10です。だいたい東京国際映画祭っす。

映画『パディントン2』は可愛いだけじゃない。【ネタバレなしレビュー&考察】

ポール・キング監督の大人気クマ映画の続編『パディントン2』の(あまり)ネタバレなしレビュー&考察です。今回もくさそうでした。前作に引き続き、移民と反移民の狭間をユーモラスなタッチで描いています。楽しい映画なのですが、若干気になるところがあり、今回はそれについても触れています。

【映画レビュー】『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』:くたばれ資本主義!

 この映画は異なる文明のすれちがいを描いた映画だ。ムーミン一家が「楽しいバカンス」を送るだけの話ではない。  物語はムーミン谷に海賊たちが漂着するところから始まる。まあ、この海賊たちと海賊船はその後の …

search