映画レビュー

『キコリキ:デジャヴ』:このウサギ、マジでイラつくぜぇ!【映画レビュー@TAAF2018】

投稿日:2018年4月3日 更新日:


 うーん、ちょっと苦手な作品かも…。

 まずキャラクターが丸すぎて無理。動物モチーフの丸い顔に手足がついてるデザインで、ちょうどメロン熊みたいなかんじなんですけど、なんか見分けが付きづらいんですよね…。鳥とかペンギンはわかるけど、鹿はほんと分からなかった。単純に気持ち悪いし(個人の感想です)。

 あと主人公のウサギ、クラッシュがクソウザ。こいつだけテンションがキチガイだし。『ハッピーツリーフレンズ』に出てそう(偏見)。ほんとにこいつらロシアでは人気なんすか…。確かに子どもにウケそうなデザインですけど、60カ国で展開とかすごいなー。英語だったんでちょっと違和感を感じたんですが、最初からグローバル展開が視野に入ってるという前提を知ると納得。

 キャラクターとかあの村のデザインとかは個人的にすごく苦手なんですけど、もちろんいいところも結構あります。選考委員解説でも出ていたけど、とにかくパワフル!ウザいくらいにパワフル!主人公のクラッシュもクソウザくて絶対友達になりたくないタイプなんですけど、今作のゲストキャラクター(?)であるタイムトラベル旅行業者であるデジャヴ社の新人社員(モグラ)がこれに輪をかけてウザいので後半からあまり目立たなくなりますね。あんなやつに新製品預けるとかデジャヴ社の社長マジ狂ってる。最後、スノードームで誤魔化そうとしてるのがあまりにもセコくて笑ってしまった。で、この新人社員のアホが原因で、タイムパラドックスが起きてクラッシュが二人になるのがポイント。これが伏線になっていて、もう一人の自分と向き合うというテーマが展開され、最後はちょっとホロリとさせてくれます。人の持つ可能性に気づかせてくれるという裏テーマも良いですね。でも絶対あのウサギ変わらないと思うけど!

基本情報

キコリキ:デジャヴュ  Smeshariki. Dezha vyu[Kikoriki: Deja Vu]85 min

監督:デニス・チェルノフ

脚本:デニス・チェルノフ

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』:炎上商法大成功!必殺料理人、怒りのキューバサンド!

ジョン・ファブローのリズミカルな調理に惚れる  軽快な音楽にのせてバットの上に載せられていく多種多様な食材たち。無骨な太い手が滑らかに動き、それらを切り離し、つまみ、組み合わせていく。映画の冒頭からジ …

【映画レビュー】『ゾンビスクール!』:「ナゲットを ゲットだぜ!」

イライジャ・ウッド製作・主演のゾンビコメディ映画『ゾンビスクール!』のレビューです。全編爆笑!ブラックジョーク割と多め!チャイルドゾンビを皆殺しだ!

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は今年必見のアニメ映画!【2018年2月に観た映画感想レビューまとめ/全12本】

2018年2月に観た映画の覚書です。新作4本しか観てない…。月間ベストは『さよならの朝に約束の花をかざろう』。

すいちくが選ぶ2014年ベスト映画125!

 こんにちわ。すいちくです。正月三が日ももうすぐ終わろうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。  さて、映画クラスタでは毎年恒例の(といってもこのサイトでは最初ですが)、2014年新作映画 …

【映画レビュー】『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

冬のニューヨークを舞台にクソミュージシャンが右往左往する映画『インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌』のレビューです。コーエン兄弟は本作でカンヌ審査員特別グランプリを受賞。F・マーレイをはじめとした名優たちの演技が素晴らしく、特に主演のオスカー・アイザックのダメ男役はハマり役。

search