映画レビュー

『キコリキ:デジャヴ』:このウサギ、マジでイラつくぜぇ!【映画レビュー@TAAF2018】

投稿日:2018年4月3日 更新日:


 うーん、ちょっと苦手な作品かも…。

 まずキャラクターが丸すぎて無理。動物モチーフの丸い顔に手足がついてるデザインで、ちょうどメロン熊みたいなかんじなんですけど、なんか見分けが付きづらいんですよね…。鳥とかペンギンはわかるけど、鹿はほんと分からなかった。単純に気持ち悪いし(個人の感想です)。

 あと主人公のウサギ、クラッシュがクソウザ。こいつだけテンションがキチガイだし。『ハッピーツリーフレンズ』に出てそう(偏見)。ほんとにこいつらロシアでは人気なんすか…。確かに子どもにウケそうなデザインですけど、60カ国で展開とかすごいなー。英語だったんでちょっと違和感を感じたんですが、最初からグローバル展開が視野に入ってるという前提を知ると納得。

 キャラクターとかあの村のデザインとかは個人的にすごく苦手なんですけど、もちろんいいところも結構あります。選考委員解説でも出ていたけど、とにかくパワフル!ウザいくらいにパワフル!主人公のクラッシュもクソウザくて絶対友達になりたくないタイプなんですけど、今作のゲストキャラクター(?)であるタイムトラベル旅行業者であるデジャヴ社の新人社員(モグラ)がこれに輪をかけてウザいので後半からあまり目立たなくなりますね。あんなやつに新製品預けるとかデジャヴ社の社長マジ狂ってる。最後、スノードームで誤魔化そうとしてるのがあまりにもセコくて笑ってしまった。で、この新人社員のアホが原因で、タイムパラドックスが起きてクラッシュが二人になるのがポイント。これが伏線になっていて、もう一人の自分と向き合うというテーマが展開され、最後はちょっとホロリとさせてくれます。人の持つ可能性に気づかせてくれるという裏テーマも良いですね。でも絶対あのウサギ変わらないと思うけど!

基本情報

キコリキ:デジャヴュ  Smeshariki. Dezha vyu[Kikoriki: Deja Vu]85 min

監督:デニス・チェルノフ

脚本:デニス・チェルノフ

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー&レポート】『ハブ・ア・ナイス・デイ』:あまり動かないのにおもしろい!【TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)の長編コンペティション部門出品、リウ・ジエン監督『ハブ・ア・ナイス・デイ』のレビューと一次選考委員(津堅信之さん、藤津亮太さん、叶精二さん(モデレーター))による解説の覚書です。あまり動かないけど、この独特の絵は癖になります。

【映画レビュー】『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』:くたばれ資本主義!

 この映画は異なる文明のすれちがいを描いた映画だ。ムーミン一家が「楽しいバカンス」を送るだけの話ではない。  物語はムーミン谷に海賊たちが漂着するところから始まる。まあ、この海賊たちと海賊船はその後の …

【映画レビュー】『七日』:ミニマリズムの極地から見えるもの

『そして泥船はゆく』の渡辺兄弟+方又玹による、男と祖母の一週間の生活を淡々と描いた映画『七日』のレビューです。色やセリフを一切削ぎ落とした力強い映画。(東京国際映画祭2015にて)

【映画レビュー】『神々のたそがれ [神様はつらい]』

アレクセイ・ゲルマン監督の遺作『神々のたそがれ[神様はつらい]』(Трудно быть богом)のレビューです。クソ長い超傑作です。疲れる。2014年5月のシアター・イメージフォーラムにて初見。ロードショーは2015年3月21日から。主演:レオニド・ヤルモルニク ほか。

【映画レビュー】踊りだしたくなる映画!『シング・ストリート 未来へのうた』

『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督による『シング・ストリート 未来へのうた』のネタバレなしレビューです。主演のフェルディア・ウォルシュ=ピーロくんが可愛くて、そして直球ど真ん中青春映画!NO MUSIC NO LIFE!

search