映画レビュー

『キコリキ:デジャヴ』:このウサギ、マジでイラつくぜぇ!【映画レビュー@TAAF2018】

投稿日:2018年4月3日 更新日:


 うーん、ちょっと苦手な作品かも…。

 まずキャラクターが丸すぎて無理。動物モチーフの丸い顔に手足がついてるデザインで、ちょうどメロン熊みたいなかんじなんですけど、なんか見分けが付きづらいんですよね…。鳥とかペンギンはわかるけど、鹿はほんと分からなかった。単純に気持ち悪いし(個人の感想です)。

 あと主人公のウサギ、クラッシュがクソウザ。こいつだけテンションがキチガイだし。『ハッピーツリーフレンズ』に出てそう(偏見)。ほんとにこいつらロシアでは人気なんすか…。確かに子どもにウケそうなデザインですけど、60カ国で展開とかすごいなー。英語だったんでちょっと違和感を感じたんですが、最初からグローバル展開が視野に入ってるという前提を知ると納得。

 キャラクターとかあの村のデザインとかは個人的にすごく苦手なんですけど、もちろんいいところも結構あります。選考委員解説でも出ていたけど、とにかくパワフル!ウザいくらいにパワフル!主人公のクラッシュもクソウザくて絶対友達になりたくないタイプなんですけど、今作のゲストキャラクター(?)であるタイムトラベル旅行業者であるデジャヴ社の新人社員(モグラ)がこれに輪をかけてウザいので後半からあまり目立たなくなりますね。あんなやつに新製品預けるとかデジャヴ社の社長マジ狂ってる。最後、スノードームで誤魔化そうとしてるのがあまりにもセコくて笑ってしまった。で、この新人社員のアホが原因で、タイムパラドックスが起きてクラッシュが二人になるのがポイント。これが伏線になっていて、もう一人の自分と向き合うというテーマが展開され、最後はちょっとホロリとさせてくれます。人の持つ可能性に気づかせてくれるという裏テーマも良いですね。でも絶対あのウサギ変わらないと思うけど!

基本情報

キコリキ:デジャヴュ  Smeshariki. Dezha vyu[Kikoriki: Deja Vu]85 min

監督:デニス・チェルノフ

脚本:デニス・チェルノフ

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『コーヒーをめぐる冒険』

ドイツの新鋭、ヤン・オーレ・ゲルスターによる初監督作品『珈琲をめぐる冒険』(Oh Boy)のレビューです。白黒で描かれるベルリンの街。モラトリアムで厭世的な現代的シティボーイズ、ニコ(トム・シリング)がコーヒーを求めて奔走する。

【映画レビュー】『皆はこう呼んだ 鋼鉄ジーグ』:チンピラヒーローVSチンピラYouTuber!【ネタバレなし】

ガブリエーレ・マイネッティ監督の映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のレビューです。主演のクラウディオ・サンタマリアのやさぐれチンピラ感、そして悪役ジンガロ役のルカ・マリネッリの醸し出す小物感がたまらない!

【映画レビュー】映画『コングレス未来学会議』:追憶と幻覚の果てに。【TAAF2015】

スタニスワフ・レムの奇妙な世界  一言で言ってしまえば、これはとても変な映画だ。  アニメーション映画という喧伝だけれども、ファーストショットは大写しになったロビン・ライト役のロビン・ライトのどこか泣 …

予想外の面白さ!傑作ディストピアUMA映画『スモールフット』を観ようぜ!【2018年10月に観た映画感想レビューまとめ/全8本】

2018年10月に観た映画の感想まとめです。まさかの作品『スモールフット』が今月の一押し!一見ただのファンタジーなんだけど、ディストピア映画の新たな名作がここに誕生!

【映画レビュー】『シーズンズ 2万年の地球旅行』:地球の仲間たちのためにコンコルド広場をぶっ潰そう!

ジャック・ペラン&ジャック・クルーゾ監督によるドキュメンタリーっぽいお説教映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』のレビューです。映像はとてもいいのにだんだんと説教くさいことを言い出す面白映画です☆

search