映画レビュー

【映画レビュー】『メガ・シャークvsメカ・シャーク』

投稿日:2014年5月27日 更新日:


 「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2014」、通称「カリコレ2014」の一本。B級映画を量産することに定評のある、ご存知アサイラム社の最新サメ映画。ジャイアントオクトパス、クロコザウルスに続いてメガ・シャークが対決するのは人類が叡智を結集して作り上げたロボットサメ「メカ・シャーク」!ダジャレから生まれたにしてはなかなかかっこいい!人工知能も搭載しているスーパーメカだ。サメの形をしている必然性は無いような気もするけど、メカゴジラだってゴジラモデルじゃん?

 見どころはなんといってもメガ・シャークのハチャメチャぶりとメカ・シャークのカッコよさ。メガ・シャークは上映開始5分くらいで氷山の中から電撃復活→即漁船丸呑みというパワフルさを見せつけ、対するメカ・シャークは15分刻みでOSが再起動する!そう、メカ・シャークに搭載された人工知能・ネロは「口だけAI」という稀有な存在なのだ。「私に任せて下さい」→やっぱダメでした…、というパターン。かの迷OSと呼ばれたWindowsMeを彷彿とさせるポンコツぶり。

 コイツラが戦うのはもちろん海、…そして空&陸!何を言っているかわからないかもしれないが、メガ・シャークは普通に飛行機も襲う!海面からジャンプしてジャンボジェットも丸飲み。当然ながらメガ・シャークの戦闘は基本的には肉弾戦で、巨大空母も豪快に体当たりで壊す。でも、メカ・シャークの放った魚雷を普通に弾き飛ばすのはさすがにやり過ぎだと思ったよ…。そして!予告編でも話題沸騰、メカ・シャークまさかの地上戦!これには度肝を抜かれましたね。少しネタバレになりますが、結局陸上で2匹のサメが対決することなかったので、「陸上モード」とやらは何のために付いていたのか本当に謎。でも陸上モード起動からが一番面白かったりする。メガ・シャークは置いてけぼりだけど。

 このようなメインのサメvsロボットサメ以外にも、最初と最後で別人になっている情緒不安定過ぎる海軍提督、お約束のクソうざいガキ、ナショナルジオグラフィック風味の微速度撮影とやたら多い夕日など、突っ込みどころ満載のB級映画的な楽しさに満ち満ちた一品。極めつけはラストの臓物!爆発によって飛ばされてきた肉片が主演2人の上に降り注ぐのだけれど、「ベチャッ」というやる気のない効果音とともに画面に現れるそれはチープさ満点!この映画を象徴している素晴らしいカットである。

 余談だが、上映前に流れる予告編は、「劇場公開」ではなく「Release」である。分かる人にはわかるあの飛ばせない予告編集である。ラインナップはこれまた一部好事家に大人気、あの大ヒット作『パシフィック・リム』の丸パクリ大作『バトル・オブ・アトランティス』、サメが空から降ってくる意味がわからない狂気のサメ映画『シャークネード』(シャーク+トルネードである…!)などなど。こんなものが劇場の大画面で見られることがまさに奇跡だ!

基本情報

メガ・シャークvsメカ・シャーク  Mega Shark vs. Mecha Shark86 min

監督:エミール・エドウィン・スミス

脚本:H・ペリー・ホートン/ホセ・プレンデス

撮影:アレクサンダー・イェレン

出演:エリザベス・ローム/クリストファー・ジャッジ/デビー・ギブソン/マット・レーガン/ハンナ・レビーン

関連商品

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー】『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01恐怖降臨!コックリさん』:工藤D大活躍でシリーズ再起動!

ぼくらの工藤Dが帰ってきた!  金属バットを持った工藤Dが好きだ。「鬼に金棒」ではないが、「工藤にバット」という組み合わせにはなんとも言えない安心感がある。AD市川に、田代カメラマンに、防衛庁幹部に、 …

『パラサイト』級の傑作!キム・ボラ監督『はちどり』の描く韓国社会【2020年6月に観た映画まとめ】

2020年6月に観た映画の感想レビューまとめです。あまりネタバレなし。『パラサイト』に続く、韓国映画の躍進。キム・ボラ監督の『はちどり』が素晴らしいです。他『羅小黒戦記』など。計5本。

【映画レビュー】『コーヒーをめぐる冒険』

ドイツの新鋭、ヤン・オーレ・ゲルスターによる初監督作品『珈琲をめぐる冒険』(Oh Boy)のレビューです。白黒で描かれるベルリンの街。モラトリアムで厭世的な現代的シティボーイズ、ニコ(トム・シリング)がコーヒーを求めて奔走する。

【映画レビュー】『パディントン』:可愛いけど、くさそう

マイケル・ボンド原作、ポール・キング監督『パディントン』のレビューです。前情報では「気持ち悪い」と言われていましたが、キモかわいい感じでした。可愛いだけじゃくて、移民問題などにも言及していて、子供から大人まで楽しめる映画です。

予想外の面白さ!傑作ディストピアUMA映画『スモールフット』を観ようぜ!【2018年10月に観た映画感想レビューまとめ/全8本】

2018年10月に観た映画の感想まとめです。まさかの作品『スモールフット』が今月の一押し!一見ただのファンタジーなんだけど、ディストピア映画の新たな名作がここに誕生!

search