映画レビュー

【映画レビュー】『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』:あ!五ェ門が生ハムになった!【ネタバレなし】

投稿日:2017年2月11日 更新日:


 昔からつねづね不思議だったのは『アルプスの少女ハイジ』に出てくるアルムおんじのことだ。ハイジと出会って10分くらいで即堕ちするこのやさしいおじいちゃんが、かつてはスイスの傭兵として戦場に立っていた姿がどうしても想像できないのだ。

 「血煙の石川五エ門」の敵役であるホークはそんなアルムおんじにそっくりの大男。ハイジを彷彿とさせる少女とのやりとりをアバンタイトルに持ってくるあたり、スタッフは完全に狙っているとしか思えない。前作である「次元大介の墓標」のライバルであったヤエル奥崎が狡猾な知的キャラだったのに対して、今回は完全なる脳筋野郎。二丁の手斧でグイグイと押してくる。これに対峙するのが純日本人サムライの五エ門という組み合わせの妙がまた面白い。得物のリーチも素早さも圧倒的に五エ門有利だと思いきや、初見の戦いで一方的に押される姿に驚かされるのだ。

 ホークというキャラクターの魅了はこの映画の面白さを支えているが、その戦闘スタイルは一言で言えば「粗雑」。とにかく距離を詰めて二丁の手斧でぶっ叩く。五エ門との初戦闘で斬鉄剣の鍔をガンガン叩いて壊していくという非常識さにも笑ってしまうのだけど(この時の五エ門の狼狽した表情が実に良い)、バイクでルパンのアジトに突っ込んでくるわ、次元の至近距離での銃撃を(手斧で!)弾き返すわとやりたい放題。動体視力もいい上にめちゃくちゃ頑丈というチートキャラで、中盤のカーチェイスでバイクから放り出されて20メートルくらいの崖下に落ちていくシーンがあるのだけど、「(どうせ生きてるんだろうなだろうな)」と思ったらやっぱり何事も無かったかのように立ち上がるのであった(笑)なるほど、アルムおんじの傭兵時代もこんな感じだったのだな、ということがよくわかる。おまけに仕事終わりには実に美味そうに肉をモリモリ食べる!(そういえばヤエル奥崎も美味そうに肉を食べていた)

 そして、このチートアメリカン野郎に対抗するための五エ門の修行がまた壮絶。文字通り身を削いでいて、それがクライマックスの対決への布石ともなっている。この決戦の場面も実に素晴らしくて、手斧だけで廃寺を解体していくホーク、相対する傷だらけの五エ門、そして逃げ惑うルパンと次元(笑)思わず生ハムを連想してしまう一閃の決着は頭から離れない。

 ところで、この作品、次元がヤクザの用心棒として登場し、ヤクザ映画さながらの内部抗争が描かれるのも面白いのだけど、それとは別に随所にあらわれる繊細な表現も見どころの一つだ。例えば、冒頭のヤクザとの小競り合いでは、いつものようにバッサリと切断される拳銃から零れ落ちるバネやその他の微小な部品が丁寧に描かれるし、ホークとの邂逅の後に五エ門が斬鉄剣を仕立て直す場面なども解剖学的な正確さで美しく解けていく。ホークの大雑把なアクションや所々に挟まれるまんが映画的な動きとは対照的で、作品の奥深さを感じさせる。

 しかし、やはりこの映画の主役はホークである。「素早いデブはめっちゃ強い」。このことを心にしっかりと刻んでいきたい。

基本情報

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門  54 min

監督:小池健

音楽:ジェイムス下地

脚本:高橋悠也

出演:栗田貫一/小林清志/浪川大輔/沢城みゆき/山寺宏一/土師孝也/菅生隆之/宮内敦士/江川央生/天田益男

公式サイトhttp://goemon-ishikawa.com/

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ある種の理想的な映画化、『劇場版SHIROBAKO』に打たれる。【2020年3月に観た映画まとめ】

2020年3月に観た映画の感想レビューまとめです。あまりネタバレなし。TVシリーズも大傑作だった『劇場版SHIROBAKO』が予想以上の傑作!キャラクターの描き方もそうだし、アニメーション的な豊かさもあり、テーマ性も深い。水島努の手腕が光る一品。他、今泉力哉監督の『mellow』、アリ・アスター監督の楽園ホラー『ミッドサマー』などなど。

【映画レビュー】『戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪』:38歳無職童貞ストーカーおじさんがんばれ!

38歳無職童貞ストーカーおじさんが美少女のためにミミズを食らう!  この映画を一言で言うなら、まさにこの節のタイトルそのものといってもいいかもしれない。38歳無職童貞の櫻井(水澤紳吾)は山を徘徊中に謎 …

【映画レビュー】『幕が上がる』:「どこでもない、どこか」へ。

青春の向こう側へ  『幕が上がる』は、端的に言ってしまえば「直球ド真ん中の青春映画」だ。  さおり(百田夏菜子)、ゆっこ(玉井詩織)、がるる(高城れに)らの弱小演劇部。なんとなくの部活動をしていた彼女 …

【レビュー】「ワタクシノモノガタリ」カナダフォーカス⑤【TAAF2015】

 「TAAF2015」、2日目の3月20日(金)は「カナダフォーカス⑤ワタクシノモノガタリ」。カナダ国立映画制作庁による短編アニメーションの特集です。テーマは「個人史」ということで、絵画でいうところの …

【映画レビュー】『イグジスツ 遭遇』:ブライアンのカメラマン魂に惚れる!そこそこいい感じのファウンド・フッテージ【カリコレ2015】

ちゃんとビッグフットが大暴れするモンスターパニック映画  人里離れたビッグ・シキット国立保護区の山小屋にバカンスにやってきたマット(ブライアン・サミュエル・デイヴィス)たち5人のリア充(一人除く)。山 …

search