映画レビュー

【映画レビュー】『5つ数えれば君の夢』

投稿日:2014年4月27日 更新日:


 女子高の話である。文化祭の目玉であるミスコンをめぐって5人の少女たちの物語が語られる。
 女子高の話であるから、同性への憧れの吐露といったお約束の展開もありつつ、基本的には閉鎖的な世界のお話。最近話題のスクールカースト的な描写もあるのだけれど、『桐島』における網の目のような濃密な人間関係というよりはむしろ、ミスコンを軸とした二つの陣営のシンメトリカルな構図。そういった意味では、第三者としての「委員長」(中江友梨)の立ち位置は面白い。

 この物語は「小さな宇宙からの脱出」の物語でもある。それは女子高という大きな枠組のことでもあるし、個々人の持つ世界のことでもある。さく(山邊未夢)の作る屋上の花壇や、りこ(新井ひとみ)にとってのプールやミスコンの舞台といった象徴的なモティーフは印象的だ。二人の少女はクライマックスで世界を破壊し、そこから抜け出ていく。1年後の学校でデジャヴのように描かれる宇佐美(庄司芽生)と都(小西彩乃)との鮮やかな対比。

 演出面で言うと、何箇所かある長回しのシーンは特筆すべき素晴らしさである。特に、文化祭前日に通用口で会話する委員長と兄との会話。そして、同じく委員長と兄の、文化祭終了後の会話の場面。若干、中二病入っているような長い会話なのだけれど、お伽話を聞いているかのような独特の楽しさがある。「先行ってるね」なんて小洒落たセリフが印象に残る。中盤の、さくとりこのぐるぐると回る会話シーンも、視覚的な面白さに二人の関係性が重ね合わされているかのようで興味深い。

 と、まあそういった小難しい解釈は置いておいても5人のアイドルの映画としてみてもとても楽しい。個人的には中江友梨さんの委員長がとても良かった。表と裏のギャップも含めて。
 あと、あのエプロンドレスみたいな制服を考えたやつはマジ最高だと思う。

基本情報

5つ数えれば君の夢  85 min

監督:山戸結希

音楽:Vampillia

脚本:山戸結希

撮影:鈴木一博

出演:山邊未夢/新井ひとみ/庄司芽生/小西彩乃/中江友梨/大和田健介/

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『普通は走り出す』のグルーヴ感が最高ー!【2018年12月に観た映画感想レビューまとめ/全10本】

2018年12月に観た映画の感想レビューまとめです。ネタバレなし。今月は渡辺紘文監督の新作『普通は走り出す』がおすすめしづらいけどおすすめ!監督独自の世界が存分に展開されていて、それでいてエンターテイメント!ビギナーにも安心!(?)あとは『シュガー・ラッシュ:オンライン』と『来る』もとても良かったですね。

【映画レビュー】『きみの声をとどけたい』:ラジオと女子高生が紡ぐひと夏の奇跡【ネタバレなし】

「キミコエ・オーディション」から生まれた6人の新人声優がメインキャラクターを演じる、爽やか極まりない王道青春ストーリー!いろいろと惜しいところはあるけれど、とても愛おしい映画です。

杉田協士監督『ひかりの歌』は後からじわじわくる今年のベスト候補!【2019年1月に観た映画感想レビューまとめ/全16本】

2019年1月に観た映画の感想レビューまとめです。ネタバレなし。今月は杉田協士監督の『ひかりの歌』をめっちゃ推します。今年のベスト候補。ちょっと長いのであれですが、後からじわじわ来るホッカイロみたいなタイプのやつです。

【映画レビュー】『幕が上がる』:「どこでもない、どこか」へ。

青春の向こう側へ  『幕が上がる』は、端的に言ってしまえば「直球ド真ん中の青春映画」だ。  さおり(百田夏菜子)、ゆっこ(玉井詩織)、がるる(高城れに)らの弱小演劇部。なんとなくの部活動をしていた彼女 …

『キコリキ:デジャヴ』:このウサギ、マジでイラつくぜぇ!【映画レビュー@TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)の長編コンペティション部門出品、デニス・チェルノフ監督『キコリキ:デジャヴュ』のレビューです。自分には合わなかったけど、作品の幅が広いのは良いと思いました。後で一次選考委員(津堅信之さん、堀川憲司さん、叶精二さん(モデレーター))による解説の覚書を追加予定。

search