おひるねラジーズ

毎日を、楽しく生きる

*

輸血袋?こっちは「給油袋」だぜ!
【映画レビュー】『ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ』
未体験ゾーンの映画たち2016

      2017/01/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冒頭、手作りアーマーに身を包んだ男たちが登場する。「マッド・マックス」シリーズに露骨に影響を受けたと思しきその様相を見て、「ああ、マッド・マックスなのはここだけなのだな」とおそらく誰もが思うだろう。しかし、B級映画によくある流行りの映画をもじったタイトル「だけ」のダメ映画…だと思って観に行くとかなりの肩透かしを食う。もちろん、良い意味で。

 流星雨が降った夜、突如として人々がゾンビへと変貌する1。平穏な日々を送っていた自動車整備士のバリー(ジェイ・ギャラガー)は妻子とともに間一髪脱出し、連絡の取れなくなった妹・ブルック(ビアンカ・ブラットリー)のもとへと走る…と、ここまではよくある話。

 最大のポイントは隕石の影響によって(?)、あらゆる化石燃料が使えなくなってしまっているという点。じゃあ、どうやって車を動かすのかというと…なんとゾンビの血と息が可燃性になっているのだ!かくして、ゾンビを燃料とするあまりにも非人道的過ぎるマッドなカーチェイスが展開されるのであった。捕らえられたゾンビが息を採取するために口にマスクを嵌められ、手足を縛られている姿はまさに『マッド・マックス 怒りのデスロード』の給油袋(トム・ハーディ)そのもの!ちなみにゾンビが死ぬと燃料も切れるので、その都度補給(給ゾンビ)する必要がある。ゾンビから逃げるのではなく、逆に捕まえに行くゾンビ映画というのはなかなか珍しい。「クソ、燃料が切れた」「ゾンビを探さなきゃ!」「おーい!」のコンビネーションにはおもわずほっこり。ゾンビから逃げるためにゾンビを探さなければいけないというこの矛盾!オーストラリアの荒野がメインとなるので、なかなかゾンビに出くわさないというのもポイント高い2

 タイトルこそおふざけだが、実はかなり丁寧に作られた作品で、主人公が妻子と別れる際も目を逸らすこと無くしっかり描写するところに好感を覚える。娘を撃ち殺し、苦悩するジェイ・ギャラガーの演技もなかなか良い。政府機関の車両には火花を散らす装置が取り付けられていて、さりげなく電気駆動であることが示されていたりするし、非道な人体実験に興じる博士(バーイン・シュワート)が防護服着てディスコミュージックでノリノリなところは『オデッセイ』っぽさを感じる。この博士にゾンビの血を輸血させられたりしたブルックはゾンビの視覚と行動をある程度コントロールできるようになる能力を得るのだけど、彼女の脱出譚もゲームの『SIREN』を思い出す面白さ。ゾンビの血は可燃性、という伏線を活かした最後の政府軍との戦いも盛り上がる。おもしろ黒人枠でアボリジニのベニー(レオン・バーチル、うっかり生存者の頭をショットガンで吹き飛ばしちゃうドジっ子♪)というのもまたオーストラリア感があって良い。

 まあ、最後はおもいっきり投げっぱなしジャーマンなんだけど、いまさら気にするポイントでもないよな!

予告編

基本情報

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ  Wyrmwood: Road of the Dead98 min

監督:キア・ローチ=ターナー

脚本:キア・ローチ=ターナー/トリスタン・ローチ=ターナー

撮影:ティム・ネーグル

出演:ジェイ・ギャラガー/ビアンカ・ブラッドリー/レオン・バーチル/キース・アギウス/ルーク・マッケンジー/バーイン・シュワート

Notes

  1. ピーター&マイケル・スピエリッグ監督の『アンデッド』(2003年)を思い出しますね。そういえばこちらもオーストラリア製。
  2. ハワード&ジェイ・フォード監督による『ゾンビ大陸アフリカン』を思い出す。

 - 2016年新作映画レビュー