映画レビュー

【映画レビュー】『インド・オブ・ザ・デッド』:インドにゾンビがやってきた!

投稿日:2015年3月26日 更新日:


とてもよく出来たゾンビコメディ

 実際のところ、『ザ・デッド・インディア』という映画あるので、この映画はインドを舞台にした「最初の」ゾンビ映画ではないのだけれど、それにしてもよく出来ている。『ザ・デッド・インディア』はあの『ゾンビ大陸アフリカン』の続編で、シリアスな物語だが、こっちはバカゾンビコメディ。

 クズ系のイケメン・ハルディク(クナール・ケーム―)、失恋したてのラヴ(ヴィール・ダース)、そして生真面目なサラリーマン(非リア)のバニー(アーナンド・ティワーリー)。彼らはインド随一のリゾート地・ゴアでバカンスを楽しむ(バニーは会議)。離島で行われるロシアンマフィア主催のレイヴパーティーに潜入する3人。しかし、翌朝目を覚ますと島はゾンビだらけになっていた…。ラヴの一目惚れした美女・ルナ(プージャー・グプタ―)を助け、マフィアの親玉・バリ…ボリス(サイフ・アリー・カーン)と合流して島からの脱出をはかる一行だったが…。

 プロットはそれほど凝ったものではないものの、特に良かったのがゾンビ映画の一つの肝とも言える、「ゾンビ化の要因」で、要は新型ドラッグの副作用というものなのだが、これがそのあとの展開で上手く使われていてとても良い。のんびりゾンビと全速力ゾンビの共生が実現されていて、大量のゾンビを足止めにする方法もこのゾンビ化要因とちゃんとリンクしていて、ウムムと唸ってしまった。

パロディ、名台詞、テーマ性

 そして、この手のゾンビコメディのお約束として、過去の名作ゾンビ映画のパロディが山盛りなのも楽しい。ファーストショットはサイモン&ニックの『ショーン・オブ・ザ・デッド』そのものだし、山小屋にこもるシーンは『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を思わせる。この直後の『ショーン〜』ネタでゾンビのふりをして切り抜けようとする演技の雑な感じもすごく良い。一番笑ったのが本編最後の美女ゾンビとの追いかけっこで、よくあるイチャラブのテンプレート的な木の周りをぐるぐるまわるアレがノリノリのBGMで展開されるというバカバカしさ。くだらなすぎてすばらしい。

 作品の随所では印象深いセリフがてんこ盛り。会場で一番受けていたのが、「ロシア人の神様ってなんだ?」「スターリン?」のところと、インドにゾンビが現れた疑問に対する「グローバリゼーションだ!」のあたり。あとボリスの「死人は殺す!」はゾンビ映画史上に残るステキ決め台詞すぎてヤバイ。

 さらに、こんなバカバカしい内容に反した現代的なメッセージ性。端的にいうと、「ドラッグはいけない」ということなのだけれど、「ドラッグはゾンビを生む」といった言葉には考えさせられるところが多い。そして、この力強いメッセージの後のエンディングでドラッグムービーを流すこの素晴らしさ!

ヒロインはバニー

 サイモン・ペッグをちょっとイケてる感じにしたような感じのボリス、ゾンビも落とすイケメン・ハルディク、どことなく童貞感ただようキョロ充っぽいラヴ、普通にクソ可愛いルナ、そして哀愁ただようシーンがあったかと思えば最後の最後でハイテンションの見せ場があるニコライ(ロス・ブチャーン)。みんながみんな、キャラクターが立っているのだけど、中でも最高にキュートなのがバニーである。

 バニーはゴアで会議があったがために、悪友二人の馬鹿騒ぎに巻き込まれる三枚目役だが、マフィア主催のレイヴパーティーにめっちゃ普段着感あふれる格好できちゃうそのセンス、パーティーで微妙にノレない非リア感、そしてゾンビに襲われて変な声が出ちゃうところ、全てがむっちゃカワイイ。塔の上で助けを待っている場面なんて、どうみても王子の助けを待つお姫様!健康的なエロスのルナもいいのだけど、この映画の真のヒロインはバニーで間違いない。

 というわけで、個人的にはあの大傑作『ロンドンゾンビ紀行』に比肩する完成度の高さだった。後味が爽やかというのも共通していて、素直に大笑いすることができる楽しいゾンビ映画である。

 欲を言えば、ゾンビのダンスシーンが欲しかったけども。

基本情報

インド・オブ・ザ・デッド  Go Goa Gone107 min

監督:ラージ・ニディモールー/クリシュナ・DK

出演:サイフ・アリー・カーン/クナール・ケームー/ビール・ダース/プージャー・グプター/アーナンド・ティワーリー

上映開始日:2015年03月21日

公式サイトhttp://www.odessa-e.co.jp/india-of-the-dead/

公式Twitterhttps://twitter.com/Indiaofthedead

関連商品

 元祖インド×ゾンビといえばコレっすね。

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

杉田協士監督『ひかりの歌』は後からじわじわくる今年のベスト候補!【2019年1月に観た映画感想レビューまとめ/全16本】

2019年1月に観た映画の感想レビューまとめです。ネタバレなし。今月は杉田協士監督の『ひかりの歌』をめっちゃ推します。今年のベスト候補。ちょっと長いのであれですが、後からじわじわ来るホッカイロみたいなタイプのやつです。

【映画レビュー】『コーヒーをめぐる冒険』

ドイツの新鋭、ヤン・オーレ・ゲルスターによる初監督作品『珈琲をめぐる冒険』(Oh Boy)のレビューです。白黒で描かれるベルリンの街。モラトリアムで厭世的な現代的シティボーイズ、ニコ(トム・シリング)がコーヒーを求めて奔走する。

【映画レビュー】『嘘八百』:脚本以外はいいんじゃない?【あまりネタバレなし】

武正晴監督、中井貴一・佐々木蔵之介主演の映画『嘘八百』のあまりネタバレしないかんじのレビューです。パッと見面白そうなんだけど、まーーー微妙でしたねー。森川葵がかわいいよ。

【映画レビュー】『シーズンズ 2万年の地球旅行』:地球の仲間たちのためにコンコルド広場をぶっ潰そう!

ジャック・ペラン&ジャック・クルーゾ監督によるドキュメンタリーっぽいお説教映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』のレビューです。映像はとてもいいのにだんだんと説教くさいことを言い出す面白映画です☆

【映画レビュー】『パディントン』:可愛いけど、くさそう

マイケル・ボンド原作、ポール・キング監督『パディントン』のレビューです。前情報では「気持ち悪い」と言われていましたが、キモかわいい感じでした。可愛いだけじゃくて、移民問題などにも言及していて、子供から大人まで楽しめる映画です。

search