映画レビュー

【映画レビュー】『イグジスツ 遭遇』:ブライアンのカメラマン魂に惚れる!そこそこいい感じのファウンド・フッテージ【カリコレ2015】

投稿日:2015年6月12日 更新日:


ちゃんとビッグフットが大暴れするモンスターパニック映画

 人里離れたビッグ・シキット国立保護区の山小屋にバカンスにやってきたマット(ブライアン・サミュエル・デイヴィス)たち5人のリア充(一人除く)。山小屋へ向かう道中でなにかを撥ねてしまうが、現場に残っていたのは動物の毛と血痕だけだった。…といういかにもな出だしで始まるこの映画は、とても古典的なフォーマットのモンスターパニックだ。当初はビッグフットの存在を鼻で笑っていた5人だったが、何者かの存在に気づき山小屋に立て篭もることとなるのだが…。

 基本は手持ちカメラによる撮影なのだけど、現代の作品らしくアクションカムをガンガン使っているのが特徴的。特にヘルメットに装着したカメラからの映像はなかなか迫力がある。

 いわゆるB級映画的なテイストであるにもかかわらず、ビッグフットが豪快に大暴れするのも嬉しい。全速力のマウンテンバイク(3,40キロは出てる)と並走し、山小屋の壁を素手でぶち抜く。銃を手にして距離を取ればスイカくらいの石を投擲してきて、遠距離攻撃もバッチリだ。後半では全身をカメラの前に晒す場面もあるが、安物映画のような作り物感というよりもリアリティ重視のクリーチャーデザインはなかなか出来が良い 1

「見えなさ」を音でカバーする

 とはいうものの、最初から「謎の猿人」が丸見えというのも興醒めだしお約束に反する…ので中盤までは「音」が大活躍するのもこの映画の面白いところだ。

 遠くから聞こえるビッグフットのかすかな叫び声、カメラに映らないどこかで何かを破壊している音、そして荒々しい鼻息。POVスタイルなので、言うまでもなくおどろおどろしいBGMは無いが、静寂の森の中を何者かが横切っていく気配をわずかな音から表現しているのはとてもいい。

 特に最高だったのはビッグフットが初めて山小屋に近づいてくるシーン。監視カメラからの映像で、暗視装置がついていないので全くの暗闇なのだけれど、一歩一歩落ち葉を踏みしめる音、そしてほんの少しの影のゆらぎから、ビッグフットという得体のしれない存在感が伝わってくる。このあたりは『ザ・ベイ』での警官二人が家に突入していく音だけの場面を思い出す。

がんばれブライアン!

 それにしても注目すべきはカメラマン役のブライアン(クリス・オズボーン)の奮闘ぶり!

 2組のリア充カップルに挟まれる非リア充という役回りで、若干肩身が狭そうだが、アクションカムを(予備も含めて)大量に持ってきている用意周到さに加え、何があろうとカメラを離さないその執着心に脱帽。小屋がビッグフットに襲われ今にも扉が破られそうな時(みんなが必死になってバリケードを作っている)もギリギリまでカメラを置かないし、仲間が殴り殺されたらとりあえず泣きながら撮影する。自分が殴り倒されても、意識を回復したらとりあえずカメラチェック。隣には友達の死体。『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』の田代カメラマン(白石晃士)の「片腕カメラボーイ」にも感動したけど、こっちのヒゲモジャギーク野郎もなかなかすごい。

 左手に暗視カメラ、右手にショットガンという装備で、囚われの弟を救うため、ビッグフットの巣穴に突撃していく姿は涙なしでは見れません!

基本情報

イグジスツ 遭遇  Exists86 min

監督:エドゥアルド・サンチェス

音楽:ニマ・ファクララ

脚本:ジェイミー・ナッシュ

撮影:ジョン・ラトランド

出演:クリス・オズボーン/ブライアン・サミュエル・デイヴィス/ロジャー・エドワーズ/デニス・ウィリアムソン/ドーラ・マディソン・バージ

上映開始日:2015年5月16日

関連リンク

■新宿シネマカリテ http://qualite.musashino-k.jp/
■カリテ・ファンタスティック!・シネマコレクション・2015(カリコレ2015) http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2015/

関連商品

 エドゥアルド監督といえばこれですかねー。まあこれしか見たこと無いんだけどー。そういえばこちらも森の中が舞台ですね。

 本作の田代カメラマンの撮影に対するこだわりもハンパない!

NOTES

  1. 同じカリコレ2015で『リバービースト ある半魚人の憂鬱』を見たが、あっちはなかなかひどい出来で良いw

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画レビュー&レポート】東京アニメアワードフェスティバル2018「短編コンペティションスロット②」(+選考委員解説覚書):『Negative Space』が眼福すぎてつらい…。【TAAF2018】

東京アニメアワードフェスティバル2018、「短編コンペティション部門スロット②」で上映された作品の簡単なレビューと選考委員解説の覚書です。短編部門グランプリの『ネガティブ・スペース(Negative Space)』(マックス・ポーター/ルー・クワハラ監督)がもう素晴らしすぎて…。選考委員解説は加藤タカさん、白石慶子さん、叶精二さん(モデレーター)。

ある種の理想的な映画化、『劇場版SHIROBAKO』に打たれる。【2020年3月に観た映画まとめ】

2020年3月に観た映画の感想レビューまとめです。あまりネタバレなし。TVシリーズも大傑作だった『劇場版SHIROBAKO』が予想以上の傑作!キャラクターの描き方もそうだし、アニメーション的な豊かさもあり、テーマ性も深い。水島努の手腕が光る一品。他、今泉力哉監督の『mellow』、アリ・アスター監督の楽園ホラー『ミッドサマー』などなど。

【映画レビュー】『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』:くたばれ資本主義!

 この映画は異なる文明のすれちがいを描いた映画だ。ムーミン一家が「楽しいバカンス」を送るだけの話ではない。  物語はムーミン谷に海賊たちが漂着するところから始まる。まあ、この海賊たちと海賊船はその後の …

『名探偵ピカチュウ』のもふもふ感が尊すぎて死亡。【2019年5月に観た映画感想レビューまとめ/全5本】

2019年5月に観た映画の感想レビューまとめです。ネタバレなし。今月も本数観れなかったけど、ピカチュウがやばいくらい可愛かったのでよしとします。

【映画レビュー】『スウィート17モンスター』:こじらせ陰キャ女子のための青春冒険譚【ネタバレなし】

ケリー・フレモン・クレイグ監督、ヘイリー・スタインフェルド主演の映画『スウィート17モンスター』のレビューです。主人公である陰キャラ女子ネイディーンがとにかく痛々しい!そして生々しい!「17歳」映画の傑作であり、未来の古典となりうる映画です。

search