本のレビュー

【本のレビュー】『DEATH NOTE 完全収録版』は人を○せそうな厚さなのでみんな買おうな!

投稿日:2016年10月3日 更新日:


はじめに

 2016年10月2日に発売された『DEATH NOTE 完全収録版』を買ってきました。重いです。

重量は1,495グラム!

img_2121.jpg

 外箱付き。かっこいいい。

img_2128.jpg

 外箱を除いた乾燥重量は1,495グラムです。ページあたりの重さは約1.24グラム。

img_2132.jpg

 厚さは約80ミリメートル。ページあたりの厚さは約0.066ミリメートルとなります。

img_2130.jpg

 現在所蔵している、サイズが近くて最も厚い本『藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん(1)』と比較するとこんな感じ。ページ数も圧倒的にDEATH NOTEが上です(ドラえもんは782ページ)。

img_2122.jpg

 この角で○って○す。カッとして手頃な○○がないときも安心ですね!「DEATH NOTE」(物理)

img_2125.jpg

読むこともできます!

 あまり実用的ではないかもしれませんが、一応、書籍としての機能もあります。ページ数はジャスト2,400ページ。1年に1ページずつ読むとなんと2400年かかる計算になります。読み終わるのが先か死ぬのが先か…。

img_2131.jpg

 目次はこんな感じ。圧巻ですね。「完全収録版」と銘打っているだけあって、2008年の『L change the WorLd』公開の際に掲載され単行本未収録となっていた「特別編」も収録されています。

img_2126.jpg

 もっと背表紙の糊がヤバイ感じになるかと思いましたが、意外といけますね。高密度に集積された書籍であるため、通常のコミックスの紙ではなく、コミケカタログのアレみたいなテカテカした紙です。あのポテチ食べながら読めないやつね。薄いですが、後ろが透ける感じではないです。

 なお、寝っ転がって読んでみましたが、筋力のステータスが低いうちは無理がある感じです。

こんな人にオススメ!

  • ヒットマンに狙われてるけど胸ポケットに入れる手頃な聖書っぽい本が無い人
  • 本が多すぎて置く場所がない人
  • 読書しながらさりげなく腕の筋力を付けたい人
  • お部屋の素敵なインテリアに1
  • 10月29日公開の『デスノート Light up the NEW world』に備えて復習しときたい人。『デスノート Light up the NEW world』は今年超絶面白かったあの劇場版『アイアムアヒーロー』を手掛けた佐藤信介監督2の最新作で、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉という超強いメインキャストがくんずほぐれつしたりしなかったりするとかしないとかという絶対に超絶大傑作という個人の希望的観測に満ち溢れた映画になるはずなのでみんな観ましょう!(ステマっぽく)

まとめ

 最初見たときは完全にネタだと思ってましたけど、意外とアリだな…という感じです。単純に省スペースになるのもありがたいですし、まとめ読みの時に途中で次の巻に移らなくていいというのも楽(腕は疲れる)。この前完結した「こち亀」もこの方式で20冊くらいにしてくれたら絶対買います3

NOTES

  1. とり・みき先生の『DAI-HONYA』を読もう!
  2. 『アイアムアヒーロー』は良かったけど『図書館戦争』は…。
  3. 400円のJC×200冊で80,000円ですが、今回の方式だと1冊2,500円程度になると思うので、10冊でも25,000円。いいですね。

関連コンテンツとスポンサードリンク

-本のレビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『世界の終わりの天文台』で極上の終末に浸る。【2018年1月に読んだ本 感想レビューまとめ/全5冊】

ライフログです。2018年1月に読了した本の感想を適当に書きます。リリー・ブルックス=ダルトン『世界の終わりの天文台』、アンディ・ウィアー『アルテミス』(上下)、星野茂樹(原作)/石井さだよし(作画)『解体屋ゲン』など。

【本のレビュー】加納新太『君の名は。 Another Side:Earthbound』:映画の裏側を描く。

新海誠監督の映画『君の名は。』を観た後に絶対読んで欲しい本です。瀧が入った三葉がどんな日常を過ごしていたのか。そして糸守に住む3人のサブキャラクターの視点から見えてくるもう一つの『君の名は。』の物語。特に三葉の父・俊樹のエピソードが衝撃的です。

no image

【本のレビュー】アン・レッキー『叛逆航路』:ラノベっぽいニュー・スペースオペラ(良い意味で)

アン・レッキーによる遠未来の宇宙を舞台にしたニュー・スペースオペラシリーズの開幕編『叛逆航路 ラドチ戦記』のレビューです。めちゃくちゃ読みづらいけど、途中から俄然面白くなります。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、アーサー・C・クラーク賞、英国SF協会賞、英国幻想文学大賞、キッチーズ賞の話題作。

【本のレビュー】川上弘美『大きな鳥にさらわれないよう』:穏やかで残酷な遠未来史

川上弘美先生の『大きな鳥にさらわれないよう』のレビューです。超遠未来の人間の行く末を描いた叙情性豊かな、しかし果てしなく残酷な、神話のようなSF小説。

今更だけど『円環少女』読んだよ!【2018年6月に読んだ本 感想レビューまとめ/全5冊】

ライフログです。2018年6月に読了した本の感想など。積読消化月間につき。長谷敏司『円環少女(サークレットガール)』全13巻、藤津亮太『新聞に載ったアニメレビュー』、大童澄瞳『映像研には手を出すな!』第3巻ほか。

search