映画レビュー

【ネタバレ映画レビュー】『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』:ネタバレしか書いてないから絶対に読まないで下さい!!【ネタバレしかない】

投稿日:2018年5月10日 更新日:



ほんとにほんとにほんとにほんとにぜんめつだ~♪

 いやー、でもあの「ガチ全滅!」とかいうキャッチ見たときは「盛ってんじゃねーよクソが!どーせギリギリで助かったりすんだろ」って思ったんですが、ほんとすみません!マジで「ガチ全滅」でしたね!

 実質的に前後編の二部構成とはいえ、ヒーローたちが敗北する瞬間を描いただけでも、この映画が映画史上に特別な位置づけをされることは間違いないし、リョナラーにはたまらない展開。『魔法少女まどか☆マギカ』第3話みたいな衝撃。これだよこれ!もちろん、一本にまとめたとしたら、通常の映画と同じように、中盤でヒーローがピンチに陥ってそこから逆転劇、というパターンになるのだろうけど、この映画だとピンチ通り越して普通に死んでますからね。しかも指パッチンできったねえ塵になるっていう。これまで指パッチンで人殺したやつ、(今川版)『ジャイアントロボ』の「素晴らしきヒィッツカラルド」くらいしか思いつかないぞ。うろ覚えだけど死んだやつリスト作ったので下の方でどうぞ。

 そんなこんなでだいたいみんな死んで投げっぱなしみたいな感じで「後半に続く~」で終わるんですが、悲惨すぎるラストとは対照的に劇中はドッカンドッカン劇場が湧いていたのも印象的。特に全く絡みが想像できてなかったGOG勢の活躍が嬉しい。ていうかガモーラの役割といい、実質『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2.5』じゃね?今まで全く絡みがなかったというのに…。なかでもみんなの笑いを誘っていたのはやはりドラックスおじさん!タイタンでの井戸端会議でもドラちゃん中心にしたボケとボケとボケにさすがのスタークおじさんもドン引き。いいぞもっとやれ。まあGOG勢、ゴミパンダしか生き残らなかったけどね…。

つよすぎちゃってどうしよう~♪

 それにしても、ラストカットが大ボスの穏やかな笑顔で終わる映画なんてほかにあります?安らかな死に顔とかだったらよくあるけど、こっちは完全勝利でのんびり晩酌モードですからね。あの農村的な夕焼けの情景といい、一日の野良仕事が終わった感といい、今年の映画ベストカットでしょ??ビールのCMに使って欲しい。

 ていうかサノスさん自体が今年のMVV(Most Valuable Villain)!!まず有言実行力がハンパない。言った以上はちゃんと殺る。社会人として大事ですよね。きっちり半分殺せてえらい!意味わからんけど。半分だけ殺させる現場の統率力!しかし人数が奇数だったらどうするのか?そして情にも厚い。ソウルストーンのために自分の義理の娘であるガモーラを殺さないといけない場面は涙なしには観れませんよね…。これからは「鬼の目にも涙」じゃなくて「サノスの目にも涙」、これだね!まあその後普通に突き落として殺してるけど。あまり悩まないところも素敵。

 ところで、「全宇宙の人類を半分にする」という面だけみるとサノスは完全に悪役なのだけど、本人は宇宙全体のことを考えてやってるんですよね。映画史上最大規模の「良かれと思っておじさん」!「宇宙が持たん時が来ているのだ!」。本人にとっては自分こそが正義なので、迷わないし、悩まない。でもこれってアベンジャーズ、ヒーローたちの鏡像のような立ち位置なんですよね。単に規模が違うだけで、「全ての人を救えないならどうするか?」という問いに対する一つの回答だと思うんです。思えば、前作『アベンジャーズ2』のウルトロンも「平和のためには人類が滅びるべきだ」と主張していたし、サノスは「誰を救い、誰を見捨てるか」というヒーローものの隠れたテーマ(例えば『ダークナイト』の後半の2択みたいな)を非常に極端でわかりやすい形で提示し、しかも実行したヴィランであり、それは見方を変えればヒーロー的な行動でもあるとも受け取れる。

 全然どうでもいいけど、サノスおじさんの顔がアップになるシーン、だんだんアゴのあたりがフィナンシェに見えてきて集中できなかったし腹も減った。紫芋のフィナンシェね。おのれサノス。許さんぞ。

むりーサノスパァーーク♪

 さて、こうなってくると気になるのが来年4月公開予定の『アベンジャーズ4』ですよね。マーベル全然知らんけど、適当に予想してみました!

MCUの今後の公開予定!

 まずは8月31日公開の「アントマン」シリーズ第2弾、『アントマン&ワスプ』。監督は前作に引き続きペイトン・リード。今回は頼れる相棒が登場。インフィニティ・ウォー後の崩壊した世界が描かれるのかに注目したいですね。予告だとそんな感じないから時系列的には前になるのかな?

 その次は2019年3月公開(アメリカ)の『キャプテン・マーベル』。監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレック、主演はキャロル・ダンバース。マーヴェル初の女性主人公にして最強の戦士らしいですが、今回のエンドロール後に出た映像からすると実質的に『アベンジャーズ3.5』くらいの話になるような気がします。

 で、その次がついに『アベンジャーズ4』(仮題)。2018年5月3日全米公開ですが、日本でもほぼ同日ぐらいに公開でしょうか。次が決まってるのは嬉しい。その後は『スパイダーマン2』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.3』が控えてるので、今回死んだ連中もそこまでに生き返るはず…。

「ワン・モア・デイ」っぽくなる

 個人的にありそうだと思ってるのだがこれ。『スパイダーマン:ワン・モア・デイ』は2007年に発表された全4話のエピソードで、ざっくり言っちゃうと時間を巻き戻してピーター・パーカーとメリー・ジェーンの結婚をなかったことにしちゃう話。これによってスパイダーマンの設定の大半が消滅するという賛否両論のエピソード。これならみんな生き返りますね(けど何か大切なものを失う)。アベンジャーズ1以前に巻き戻して新設定というもありかもしれない。タイトルは『アベンジャーズ:ワン・モア・デイ』もしくは『アベンジャーズ:ブラン・ニュー・デイ』とか…。

タイムリープものになる

 タイムストーンをなんとか取り返してトニー・スタークがほむらちゃんになるんや!タイタンんところで毎回キレて台無しにするスター・ロード…。「ちくしょう!何度リープしてもあのバカが邪魔をする!」

夢オチ

 『東京大学物語』みたいに。これが一番誰も傷つかないけど観客はガチギレするやろな…。

「のび太の創世日記」っぽく

 『映画ドラえもん のび太の創世日記』は入れ子構造になった世界の話で下位世界の戦争を止めるために、さらに下の世界を創造するっていう話なんだけど、実はサノスは本当にいい人で、最後の指パッチンで死んだ人たちはサノスが創造した別の宇宙(もしくはストーンの中)に行ってるっていうのはどうでしょ。まあ普通に殺されてるやつもいるからなさそうやな…。

キャプテン・マーベルがなんとかする

 最後に出てたマークといい、これもめちゃありそう。3と4の間に単体映画入ってるしなんかしらのアクションはするでしょうねー。

ホーク・アイがなんとか…

 いや、無理やな。…でも今回出演してなかったからワンチャンありそうな気もする…。

 やっぱ時間巻き戻す系が妥当な気がするなー。

うろ覚え死んだやつリスト

○は生存、△は多分死んだ、✗はサノスの指パッチンできたねえ粉になって消滅。

  • ○ アイアンマン:次回はタイタンで宇宙船修理してるとこから始まると思う。
  • ○ ソー:おしい!もうちょっと上ぇ!
  • ○ ハルク:結局一回も変身しなかったのは伏線でしょうね。
  • ○ キャプテン・アメリカ:ヒゲ生えてるから誰か分からなかったやつ。
  • ○ ブラック・ウィドウ:いたっけ?
  • ○ ウォー・マシン:うろ覚え…。最後の戦いにいたのは覚えてる。
  • ✗ ドクター・ストレンジ:タイムストーンでクイルが怒り出す前まで時間巻き戻せば助かったんじゃ…。
  • ✗ スパイダーマン:わりと活躍してたのになー。
  • ✗ ブラックパンサー:この前主演映画やったばかりじゃん!!
  • △ ガモーラ:ソウル・ストーンが出てきたってことは死んだんだろうな…。
  • ○ ネビュラ:途中の拷問シーンが超リョナいのでおすすめ。
  • △ ロキ:冒頭、サノスに首絞められて死亡。でもあんなあっさり死ぬの絶対怪しい…!前科もあるし(劇中でさり気なく否定されてたけど)。ワンチャンあるっしょ。
  • △ ヴィジョン:スカーレット・ウィッチに石ごと消滅させられるが、直後にタイムストーンで時間を巻き戻されてサノスの腕力で脳みそごと石を抉り出されて死亡。あの死に方無残すぎるけど脳みそ入れ替えたらワンチャンねーかな。
  • ✗ スカーレット・ウィッチ:もっと早く消滅させていれば…。タイムストーンあるから同じか。
  • ✗ ファルコン:死んだよね?
  • ✗ バッキー:指パッチンで最初に死ぬ人。
  • △ ヘイムダル:冒頭、槍を刺されて死亡。いいやつだった…。
  • ○ オコエ:いたよね??
  • ✗ マンティス:地味にすごい活躍してたのになー。
  • ✗ ドラックス:癒し系ハゲ。消えるのなんかゆっくりで切なかったな…
  • ✗ グルート:アライグマの落ち込みようが見ていられなかった…
  • ○ ロケット:GoG組で生き残ったのこの子だけって…。
  • ✗ スター・ロード:自業自得。
  • ✗ ニック・フューリー:エンドロール後に登場。ポケベル送信中に消滅。
  • ? アントマン:名前だけ出てたけど。すぐ次回作が控えてるから死んでないよね。
  • ? ホークアイ:出てなかった…よね?なんでだろ。伏線?

 生き残り9人かー。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーあたりががんばるしかない。

基本情報

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー  Avengers: Infinity War150 min

監督:アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ

音楽:アラン・シルベストリ

脚本:クリストファー・マルクス/スティーブン・マクフィーリー

撮影:トレント・オパロック

出演:ロバート・ダウニー・Jr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エバンス/スカーレット・ヨハンソン/ベネディクト・カンバーバッチ/ドン・チードル/トム・ホランド/チャドウィック・ボーズマン/ポール・ベタニー/エリザベス・オルセン/アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン/ダナイ・グリラ/レティーシャ・ライト/トム・ヒドルストン/イドリス・エルバ/ピーター・ディンクレイジ/ベネディクト・ウォン/ポム・クレメンティエフ/カレン・ギラン/デイブ・バウティスタ/ゾーイ・サルダナ/ビン・ディーゼル/ブラッドリー・クーパー/グウィネス・パルトロウ/ベニチオ・デル・トロ/ジョシュ・ブローリン/クリス・プラット

公式サイトhttp://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

関連コンテンツとスポンサードリンク

-映画レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『カメラを止めるな!』を最高に楽しめるのはたぶん今だけだ。

全く予想外に大ヒットかました映画『カメラを止めるな!』のネタバレなしレビューです。映画館で知らない人たちと観るという体験の素晴らしさを再確認させてくれる、映画愛に満ちた映画です。必見。

【映画レビュー】『貞子vs伽椰子』:にじみでる白石イズム

白石晃士監督による映画『貞子vs伽椰子』のネタバレ無しレビューです。『リング』・『呪怨』の設定を引き継ぎつつも、白石イズムあふれる傑作Jホラーです。これまでの「コワすぎ」シリーズなどと比べると笑い抑えめ怖さマシマシですが、最後はやっぱり衝撃的!

【映画レビュー】映画『コングレス未来学会議』:追憶と幻覚の果てに。【TAAF2015】

スタニスワフ・レムの奇妙な世界  一言で言ってしまえば、これはとても変な映画だ。  アニメーション映画という喧伝だけれども、ファーストショットは大写しになったロビン・ライト役のロビン・ライトのどこか泣 …

マイベスト映画ランキング50!【2016年】

2016年の新作映画ベスト記事です。今年はベスト50!

【レポート/レビュー】記録映画『飄々~拝啓、大塚康生様~』&大地丙太郎監督トークショー【TAAF2015】

もくじ記録映画『飄々~拝啓、大塚康生様~』大地丙太郎監督特別講演「私のなかの東京ムービー」大塚さんとの思い出記憶の中のトムス・エンタテインメント(東京ムービー)トムスの中で影響を受けた作品アニメ業界内 …