おひるねラジーズ

毎日を、楽しく生きる

男と猫と巡礼と
【映画レビュー】『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

      2017/09/11


 ギターを背負い、猫を小脇に抱えた髭面の男が街を彷徨う。舞台は冬のニューヨーク。主人公ルーウィンは根無し草である。毎夜、友人の家のソファを占拠し、恩人との夕食の席では癇癪を起こして追い出される。猫をうっかり逃すかと思えば、女友達に手を出して妊娠させてしまったりする。このあたりのキャリー・マリガン演ずるジーンのセリフはズサズサ刺さる感じで良い(「生物に触らないでこのクズ!」とか)。挙句にその旦那に堕胎費用を無心するというなかなかの下衆の極み。オスカー・アイザックのヤサグレともアキラメともつかない、常に眉間に皺を寄せた演技が、そんなキャラクターにピッタリとハマってしっくりくる。

 そんなルーウィンであるからもちろん、本業(?)であるフォークソングも全くうまくいかない。相棒は数年前に自殺しているし、レコードもさっぱり売れない。何かに取り憑かれたように彼はギターと猫とともに旅に出る。行き先はシカゴ。これは彼にとっての巡礼の旅だ。行き連れは小うるさいジャズシンガーと無口なその付き人。シカゴで彼を待っているのは大物プロデューサー・グロスマン(F・マーレイ・エイブラハム)だが、ここでのソロオーディションもまたいい。あたかもグロスマンの神性を象徴するかのように、光がマーレイの身体に纏わりつく。ルーウィンにとっての神でありながら、「金の匂いはせんな」などとルーウィンの曲を評するグロスマンと、頑なに自らの音楽観に固執するルーウィン。旅の帰路、シカゴの雪を踏み分けるルーウィンのザクザクという足音が耳に残る。

 この旅の結果については詳しくは書かないけれど、映画の冒頭で流れた見覚えのあるシーンが最後に繰り返されるのは、少し戯画的ではあるけれども、なかなかに示唆的で印象的なシーンだ。猫が逃げ出すことさえなかったけれども、旅という非日常を終えたルーウィン・デイヴィスの日常はこれからも淡々と進んでいく。まるでループするかのように。そこにはもちろん希望はないし、かといって誰が死ぬわけでもない。物語の終わりでルーウィンが去っていく男に投げかける「au revoir」は字幕では「あばよ」と訳されていたけれども、本来は再会の意を含んだ別れの挨拶。永遠に続く底辺の倦怠感を受け入れた、名も無き男の悲哀。

予告編

基本情報

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌  Inside Llewyn Davis104 min

監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン

音楽:T=ボーン・バーネット/マーカス・マムフォード

脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン

撮影:ブリュノ・デルボネル

出演:オスカー・アイザック/キャリー・マリガン/ジョン・グッドマン/ギャレット・ヘドランド/F・マーレイ・エイブラハム/ジャスティン・ティンバーレイク/スターク・サンズ/アダム・ドライバー

関連商品

 当然ながら音楽も最高です!

 あと、この作品が気に入った人は下の映画も気にいるかも。

 - 映画レビュー

関連コンテンツとスポンサードリンク