おひるねラジーズ

毎日を、楽しく生きる

*


【2014年11月】東京国際映画祭出品作に注目!11月公開オススメ新作映画10選!

      2014/11/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月は、つい先月に開催された第27回東京国際映画祭に出品された吉田大八監督の『紙の月』、そして沖田修一監督の『滝を見にいく』に注目していきたいです。また、ベネディクト・エルリングソン監督による異色作『馬々と人間たち』も昨年の第26回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀監督賞を受賞した作品。海外からの出品作はどうしても日本公開が1年くらい遅れてしまうのですが、しかし配給が付いただけでもありがたいことです。来年の今ごろは今年のTIFFで話題になった作品が日本公開になっているといいな。


①素晴らしき午年映画:『馬々と人間たち』

vlcsnap-2014-11-03-22h44m52s63

 アイスランドを舞台にした馬と馬とそして馬と人間たちの悲喜交交。まあ、アイスランド映画ってだけでもレアですが、馬目線とはまた。独身男と未亡人、彼らの飼馬、ウォッカを求めて冬の海に飛び込む男、とその馬、有刺鉄線を壊して回る男とその馬たち、と言った具合に、人間たちと馬たちが織りなす一大群像劇!昨年の第26回東京国際映画祭のコンペで最優秀監督賞を受賞。ベネディクト・エルリングソン監督による非常にシュールな物語ということで期待度大の作品です。午年を締めくくるのに最高の映画だと思いませんか?

予告編

基本情報

馬々と人間たち(原題:”Of Horses and Men“)
上映開始日:2014年11月1日
上映時間:81分
監督:ベネディクト・エルリングソン
脚本:ベネディクト・エルリングソン
出演:イングバール・E・シーグルズソン/シャーロッテ・ボービング/ステイン・アルマン・マグノソン/ヘルギ・ビョルンソン

公式サイトhttp://www.magichour.co.jp/umauma/
公式Twitterhttps://twitter.com/umauma_eiga
上映館:シアター・イメージフォーラム(渋谷)

②新ジャンル「地域活性化SF」!ポロリもあるよ(たぶん):『ヲ乃ガワ -WONOGAWA-』

vlcsnap-2014-11-03-22h48m03s181

 西暦2033年、地球規模の大災害によって人類は激減。1000年後、わずかに生き残った人類は小規模なコミュニティで細々と暮らしていた。かつての温泉地に築かれたヲ乃ガワ王国の考古学者・月山ヲノガは1000年前の携帯電話を発掘し、世界の謎に迫っていく…。とまあ壮大なSFなんですが、なんでヲ乃ガワなのかというと、山形県米沢市の小野川温泉とタイアップして制作されたからなのですね。温泉地が舞台ということもあり、かなりキワドい入浴シーンがあるとかないとか。個人的にこういう遠未来SFは大好物なのですが、果たしてSFは寂れゆく地方を救えるのか?といった面でも注目していきたいですね。あ、あと楽器制作が明和電機だったり、紋章デザインが『BLAME!』の弐瓶勉先生だったりして地味に豪華!

予告編

基本情報

ヲ乃ガワ -WONOGAWA-
上映開始日:2014年11月1日
上映時間:114分
監督:山口ヒロキ
音楽:倉堀正彦
脚本:山口ヒロキ
出演:前田希美/及川奈央/深水元基/マメ山田/川本淳市/志賀廣太郎/漆崎敬介/ボブ鈴木/税所伊久麿/阿知尚康/部恍沙穂/松田俊政/ナオミ/副島淳/こいけけいこ/安友健二/藤崎ルキノ

公式サイトhttp://wonogawa-movie.jp/
上映館:シアター・イメージフォーラム(渋谷)

③ジジイががんばる映画にハズレなし!:『100歳の華麗なる冒険』

vlcsnap-2014-11-03-22h41m27s63

 老人ホームから脱走した元爆弾処理エキスパートのおじいちゃんが偶然手に入れた大金を巡って悪者から追っかけられるという、あらすじを聞いただけでワクワクする映画。なんといっても100歳ですからね。普通は寝たきりのボケ老人だと思うのですが、そこは逆に豪快なアクションなんかを期待したいところ。原作はスウェーデンのベストセラー小説、主人公アランを演ずるロバート・グスタフソンはスウェーデンの国民的コメディアンというガチガチのスウェーデン映画というのも面白い。

予告編

基本情報

100歳の華麗なる冒険(原題:”Hundraaringen som klev ut genom fonstret och forsvann“)
上映開始日:2014年11月8日
上映時間:115分
監督:フェリックス・ハーングレン
脚本:フェリックス・ハーングレン/ハンス・インゲマンソン
出演:ロバート・グスタフソン/イバル・ビクランデル/ダビド・ビバーグ

公式サイトhttp://www.100sai-movie.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/100saimovie

④総撮影期間12年。:『6才のボクが、大人になるまで。』

vlcsnap-2014-11-03-22h31m07s6

 ある家族の12年間の物語。と言ってしまえば何の変哲もない映画なのだけど、そうシンプルなものではなく…。なんとなんと、4人の俳優が「キャスト変更なしで」演じているのです!なんと実験的な試み!主軸となる「ボク」ことメイソン役のエラー・コルトレーンのみならず、父・母・姉の3人も12年間の撮影に付き合い続けたという。途中で万が一の事があったらどうするつもりだったのだろう、とか脚本はあったのかとか、制作プロセスに関して疑問が尽きない作品でもあります。今年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した必見の作品。

予告編

基本情報

6才のボクが、大人になるまで。(原題:”Boyhood“)
上映開始日:2014年11月14日
上映時間:165分
監督:リチャード・リンクレイター
音楽:ランドール・ポスター/メーガン・カリアー
脚本:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット/エラー・コルトレーン/ローレライ・リンクレーター/イーサン・ホーク

公式サイトhttp://6sainoboku.jp/

⑤水島精二×虚淵玄:『楽園追放 Expelled from Paradise』

vlcsnap-2014-11-03-23h00m39s55

 久々の本格オリジナルSF劇場アニメ…でもないか。でもコレはなかなか面白そうですよ。舞台は地上が荒廃し、人類が電脳世界「ディーヴァ」に移住した世界。この電脳空間が謎のハッキングを受け、捜査官アンジェラ(釘宮理恵)は生身の身体(マテリアルボディ)を使いリアルワールドで捜査を開始する…。このあらすじだけだと、イーガンの『順列都市』『ディアスポラ』あたりを思い出しますね。予告だけ見るとエンタメよりかな?とはいえ、丁寧な作りで定評がある水島監督とトリッキーな脚本の虚淵さんなので、そこはもうちょっとひねってくるでしょうね。しかし、完成までえらい時間かかったなあ。期待。

予告編

基本情報

楽園追放 Expelled from Paradise
上映開始日:2014年11月15日
上映時間:104分
監督:水島精二
音楽:NARASAKI
脚本:虚淵玄
出演:釘宮理恵/三木眞一郎/神谷浩史/林原めぐみ/高山みなみ/三石琴乃/稲葉実/江川央生/上村典子/三宅健太/遠藤大智/安済知佳/古谷徹

公式サイトhttp://rakuen-tsuiho.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/efp_official
上映館:新宿バルト9(新宿)ほか

⑥TIFF観客賞受賞作品:『紙の月』

vlcsnap-2014-11-03-22h19m47s116

 『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督の最新作にして、つい先日の第27回東京国際映画祭コンペ部門で観客賞を受賞した期待の作品。物語の舞台はバブル崩壊直後の1994年。銀行の契約社員として夫と二人で暮らしていた梅澤梨花(宮沢りえ)は大学生、光太(池松壮亮)と出会い、彼との付き合い中で顧客の預金を横領してしまう。最初は少額だったその行為は次第にエスカレートしていき…。7年ぶりに主演を張った宮沢りえはTIFFで主演女優賞も受賞。Twitterなどでの、見た人の評判もとてもいいですね。自分としては、『桐島』のような小奇麗な作品よりも『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』のような荒々しい作風の方が好みではありますが…。

予告編

基本情報

紙の月(英題:”Pale Moon“)
上映開始日:2014年11月15日
上映時間:126分
監督:吉田大八
音楽:little moa/小野雄紀/山口龍夫
脚本:早船歌江子
出演:宮沢りえ/池松壮亮/大島優子/田辺誠一/近藤芳正/石橋蓮司/小林聡/平祐奈/伊勢志摩/佐々木勝彦/天光眞弓/中原ひとみ

公式サイトhttp://www.kaminotsuki.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/kamino_tsuki

⑦ババ…おばあちゃんががんばる映画にハズレなし!:『滝を見にいく』

vlcsnap-2014-11-03-22h58m58s73

 今月の老人枠その2。この作品も今回の東京国際映画祭で好評を博した作品ですね。幻の滝を見にいくツアーにやってきた7人のババアたち。で、遭難してサバイバルする、とそんな感じの映画です。7人のおばあちゃんたちは全部オーディションの素人ってのも凄いよねー。そういうある意味危なっかしいキャスティングでもって、山の中でロケするってのもなかなかに挑戦的。監督は『横道世之介』の沖田修一。

予告編

基本情報

滝を見にいく(英題:”Ecotherapy Getaway Holiday“)
上映開始日:2014年11月22日
上映時間:88分
監督:沖田修一
音楽:安井輝
脚本:沖田修一
出演:根岸遙子/安澤千草/荻野百合子/桐原三枝/川田久美子/徳納敬子/渡辺道子/黒田大輔

公式サイトhttp://takimini.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/takiominiiku
上映館:新宿武蔵野館(新宿)

⑧腐ったダムをぶち壊せ!:『ダムネーション』

vlcsnap-2014-11-03-22h35m54s49

 老朽化したダムを爆破してまわる映画。ドキュメンタリーですが。アメリカには現在7万5千基以上のダムがあるらしいんですが、古くなって生態系を阻害しているのが問題になってるのですねー。まあ、本来の川の形を変えているのは確かなので。で、そんなダムを壊す「ダムバスター」という職業(?)があるらしいんですが、そんな彼らの活動を追った作品です。爆破シーンはさすがに迫力ありますね。あと予告編の音楽もすごくいい。

予告編

基本情報

ダムネーション(原題:”DamNation“)
上映開始日:2014年11月22日
上映時間:87分
監督:ベン・ナイト/トラビス・ラメル

公式サイトhttp://damnationfilm.net/
公式Twitterhttps://twitter.com/Damnation_JP
上映館:アップリンク(渋谷)

⑨タランティーノも絶賛のイスラエル発サスペンス:『オオカミは嘘をつく』

vlcsnap-2014-11-03-22h29m20s209

 残酷な少女誘拐暴行殺人が発生。事件を追う暴力刑事、一見善良そうな容疑者、そして復讐に燃える被害者の父親の三つ巴の行方は果たして…。クエンティン・タランティーノ監督が釜山国際映画祭で褒め称えたことでも話題になった、イスラエルの新鋭監督によるバイオレンスでサスペンスフルな心理ドラマがついに日本上陸。シッチェスでも監督賞取ってるので期待できますね!例によって上映館少ないので注意です。

予告編

基本情報

オオカミは嘘をつく(原題:”Big Bad Wolves“)
上映開始日:2014年11月22日
上映時間:110分
監督:アハロン・ケシャレス/ナボット・パプシャド
音楽:フランク・イルフマン
脚本:アハロン・ケシャレス/ナボット・パプシャド
出演:リオール・アシュケナズィ/ツァヒ・グラッド/ロテム・ケイナン/ドブ・グリックマン

公式サイトhttp://www.bigbadwolves.jp/
上映館:ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町)

⑩これが本当の戦車戦です!:『フューリー』

vlcsnap-2014-11-03-22h36m40s0

 本物の戦車使ってんだよねこの映画。もうそれだけですごく貴重だし、絶対見ないといけない気分にさせてくれると思うのです。登場戦車はM4シャーマンとⅣ号戦車ティーガーⅠ。どちらもかの有名なイギリスのボービントン戦車博物館からのレンタルで、特に走行可能なティーガーⅠはこの映画に登場する131号車ただ一両だとか。それを実際に走らせて撮影するとはなんと贅沢な!物語の肝はシャーマンVSティーガー、そしてシャーマン一両VSドイツ軍武装SS300人というかなり絶望的な感じの戦いになってます。そもそも、シャーマンの76ミリじゃあ重戦車であるティーガーの装甲抜けなくねえ?とか思うわけですけれども、その窮地をどう切り抜けるかも見ものですね。主演は安定のブラピ。

予告編

基本情報

フューリー(原題:”Fury“)
上映開始日:2014年11月28日
上映時間:135分
監督:デビッド・エアー
音楽:スティーブン・プライス
脚本:デビッド・エアー
出演:ブラッド・ピット/シャイア・ラブーフ/ローガン・ラーマン/マイケル・ペーニャ/ジョン・バールサン/ジェイソン・アイザックス/スコット・イーストウッド

公式サイトhttp://fury-movie.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/fury_jp


 というわけで、11月公開のオススメ映画10本でした。あ、あとノーランの新作『インターステラ―』とか大島美幸さんがおっさん役で(!)主演女優賞を取った『福福荘の福ちゃん』とかも見ないとですね。個人的には『ゆるゆりなちゅやすみ』を見ますよ!


 - NEWS !, 映画